上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年が明けて一ヶ月経とうとしている。
今年こそはの決意も新たに出発したはずなのに、やれお節だ初出だ、いやいやまだ松の内と言っているうちに一年の12分の1をやり過ごしてしまった。
「年はとりたくないねぇ」
まるでお題目のように唱えているが、本音を言うと、いやいや私にはまだ挽回できる余地ありと楽観している節がある。
一体何に対してなのかは自分でも分からないのだが、このフレーズは所謂フェイント攻撃のような気がするのである。

今夜、旧い友人から電話があった。
湯豆腐で晩酌を楽しんでいた私は
「いやぁ、お久しぶりやね~、どないしてたん?」
とかなり高めのテンションで歓迎したが、友人の声は低く重い。
さもありなん、友人のお兄さんが膵臓ガンで入院されたという。
お兄さんには幾度かお会いしたことがある。
寡黙な方だが、どこか飄々とした風貌で「普段はめったに着ないんだ」と仰るスーツの後姿がとても素敵だった。
余命一年。なんで早く気がつかなかったと、悔やむ彼女に為す術もない。

「この10年で、両親をおくり、兄までおくることになりそうやわ」
――湿っぽい電話でごめんね、
そう謝った後、友人はつまらない冗談を言っては無理に笑っていた。

「年はとりたくないねぇ」
今夜、このフレーズが身につまされる。




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2006/01/31 00:03】 | 未分類 トラックバック(0) |
方言がブームなのだそうである。
その土地ならではの温かみや歴史を感じさせる言葉が、大切にされ愛されるのは大いに歓迎する。
東京の若い人たちに津軽弁がうけているとテレビで放送していたが、実際に東京で使われている津軽弁を津軽の人たちがお聴きになったらどう感じられるのだろう。
一昔前まで「恋と政治は語れない」とされた大阪弁が、メディアのおかげで「恋も政治も語れる」ことをアピールした。
おまけに携帯電話には「関西弁変換モード」まで用意されるに至ったのである。

若い人たちは方言をコミュニケーションを楽しくする一つのツールとして気軽にお使いになっていると思うが、年のせいもあってか、私なんぞはひょいとブームに乗れない。
下手に乗っては「若作りしている」と陰口を叩かれる懸念もある。
「ここさ来てもう四年だべ?関西弁、ぬけねぇな」と地元の人によく言われるが、別に大阪弁に固執しているわけではなく、東北弁を嫌っているわけでもない。
ただ単に、真似たというか、板につかない方言を話すのが気恥ずかしくてならないだけなのである。

関西圏外の人から「大阪の町を歩くと、あちこちで漫才しているみたいに聞こえる」とよく言われるが、私は初めて東京へ行ったとき「あちこちにアナウンサーがいる」と思った。
漫才とアナウンサーを比較するまでもなく、東京ってカッコいいよな~
悔しいけど…。

お国言葉が話せないとしたら、外国へ行ったときはどうするか?
決まっている。ボディーランゲージに徹する他ない。
おお、それでいこう!
明日の朝は「おはようさん、えらい雪でんな」の気持ちをこめて
にっこり笑うとしますか。





FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2006/01/25 22:14】 | 未分類 トラックバック(0) |
今朝は吹雪の中を出勤。
大阪からここ東北の地に越してきてまだ4年目の新参者には、かなりきつい。
地元の人でさえ「こがな(こんな)大雪は20年ぶりだべ」と嘆かれる豪雪にくわえ、視界を遮る横殴りの雪では「まいりました!」と尻尾を巻いて古巣へ帰りたくなる。
歩道はすでに身の丈を超える積雪のため、歩道の役目を果たせず。
こうなると運転免許のない私は、車に遠慮しいしい車道の端をおっかなびっくり歩くしかないのである。
ここで雪に足をとられ、転倒したところにトラックが突っ込んできたら…
いかに往生際の悪い私でも、じたばたする間もなくあの世行きだろうなぁ~
と、ふと思い出したこと。

若かりし頃、職場の先輩に「下着だけは常にきれいなものを着用している」と言う人がいた。
「そりゃ、女やったらきれいなものを着けますやんか」
「いや清潔という意味だけやないの。どなたに見られても恥ずかしくないものという意味やねん」
「どなたに見られてもとは、また大胆ですなぁ」とからかうと
「あんたなぁ、いつどこで事故に遭うか分からんねんで。事故現場で、警察とか救急隊の人に恥ずかしい姿を曝してしまうこともあるやろう。
そのときにやで、フリルの一つも付いていない、ひからびたような下着や蚊帳みたいになったものを着けとったら一生の不覚やないの」と言い切られた。
なるほど。
女のたしなみの一つでありましょう。

ところで私が本日着用のものは、ひからびたり蚊帳みたいにはなっていないけれど、スーパーの安売りで買った暖か下着上下セット。
機能は上々だけれど、お洒落とは縁遠くあまり人様にはお見せしたくない代物である。
そこで、我が地域の役所さまに申し上げます。
どうか世のため人のため、公序良俗を守るため、歩道の除雪をして下さい。



FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2006/01/23 20:52】 | 未分類 トラックバック(0) |

コメント一番乗り!
ちぃぱぱ
進化したんですね。自分のブログはほったらかしにしてるんで、尊敬します。ネタはあるんやけど、面倒臭くなってしまって、なかなか進みません。パソコンは子供に取られてしまったから携帯でのチェックになるんで、余計に億劫になってズルズルと...
俺の分まで続けてください。俺もそのうちに...

コメントをありがとうございます
管理人senju
ちいぱぱさま
「おじさんは疲れてんねん」と言わずに、どうか楽しいブログを拝見させてください。
お互いのブログを肴に、モニターを睨みながら一杯飲むなんてことになったりして!

コメントを閉じる▲
「ブログするんだったらFC2がいいんじゃない?」と友人に勧められたのは、去年の秋のこと。
しかしパソコン初心者の私には、何が良いのか悪いのかさっぱり分からず。
「とにかく慣れることやね。Livedoorでもgooでもどこでもいいから始めて みたら?」
というわけで、去年の9月末からgooでブログを書いていました。
年が開け、ぼちぼち慣れてきたかといい気になり、勧められたFC2でブログを始めることにしました。
gooであれFC2であれ、私の頭の固さが変わるわけはなく、やはりああでもないこうでもないと悪戦苦闘するのは目に見えていますが、いずれにしても脳細胞活性化には一役かってくれるかと期待しています。
世の中高年にブログがうけていると聞きましたが、みなさんも私のような下心がおありなのでしょうか。
なんのかんのと言いながら、まずは最初の第一歩!






FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2006/01/22 20:54】 | 未分類 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。