上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通り雨に濡れた山の美しい緑が左右からせまる道を、湯野上温泉を目指して走ったのは、15分くらいだったろうか。
会津鉄道会津線湯野上温泉駅は駅舎が茅葺屋根らしいと同行人が言うので、さっそく拝見しに行くことにする。

湯野上温泉駅



こじんまりとして素朴な駅舎だが、辛抱強く人を待ってくれるような強いあたたかさがあった。
子育てに忙しい親ツバメがせわしく飛び交っている。
それもそのはず。茅葺の裏側にある巣から、雛たちが顔を出して親ツバメが餌を運んでくるのを待っているからだ。
ここなら、さぞやあたたかくて、親も子も安心だろう。

湯野上温泉駅構内2


湯野上温泉駅、内部



駅舎内は囲炉裏があって、時間待ちする人のためにか、お茶と本が用意されていた。
ここは、電車を待つ人はもちろんのこと、ぶらりと訪れてお茶をすすり、ぼんやりと時間をやり過ごしていいところだ。
ちゃっかりとお土産コーナーがあったりするのもいい。


温泉饅頭


「湯野上温泉饅頭」をぱくつきながら、茅葺屋根の内側を仰いでみると、梁は囲炉裏から出る煤で黒光りしていた。
「茅葺のお家って、いいなぁ」と私が洩らすと
「茅葺の家ってね、住むと見るとでは大違い。わたしゃ、10年前まで住んで いたから分かるのよ。夏はいいけど、冬は半端なく寒い。
 今みたいにサッシドアがあるわけじゃなし、私なんて学生のころ、冬は万年 筆のインクが凍ったんだからね。」
なるほど、そんな苦労があったのか。
豪雪地に住む彼女。10年余り前まで茅葺のお家に住んでいたのだというから、説得力がある。

お蕎麦と岩魚でお腹いっぱいになっているにもかかわらず、郷土料理を食べようということになり、国道にでると何やら「のぼり」がたっている。
ここ下郷町では「じゅうねん(えごま)焼酎」発売一周年記念のイベントが催されていたのだった。
イベントはほぼ終了で、スタッフの方たちはそろそろ打ち上げの準備にかかっていたようだが、えいとばかりに会場に入ってみると地元の奥さんたちが囲炉裏で珍しいものを焼いていらっしゃる。


しんごろう


これは「しんごろう」といって、うるち米に味噌を塗り、囲炉裏で焼いたもの。
昔、稲の収穫が終わると、親族一同が囲炉裏端に集まって、新米に自家製の味噌を塗った「しんごろう」を楽しんだという。
「昔は本当にご馳走だった。今みたいに食べるものが豊富じゃなかったから」
と、地元の奥さんは懐かしそうにに目を細めていらした。

稲を育て収穫するまで、どれほど難儀されたことだろう。
雨に風に、太陽に、祈るような気持ちで自然とむきあってこられたにちがいない。
収穫が終わって、その苦労を分かち合った親族一同が囲炉裏端に集まる。
女たちは新米で「しんごろう」を焼き、男たちは少しお酒を飲んで上機嫌。
一家の台所を預かるお嫁さんは、自家製の味噌を自慢げに「しんごろう」にぬっただろうか。
そんな茅葺のどっしりした屋根を抱えた強く優しい家からは、障子越しの丸い明りとともに賑やかな笑い声が洩れてくる。
庭では、隅に片付けられた農機具の下で、コオロギがころころと鳴いている。

会津下郷町で出会った人たちから、そんな羨ましい光景を想像してしまった。
勝手に想像したのだが、えらく感動して「じゅうねん焼酎」を購入し、帰途に着く。
すっかり、福島ファンになった一日でありました。



スポンサーサイト

【2006/06/20 23:29】 | 未分類 トラックバック(0) |
週末、福島県郡山市に所用あり。
ホテルハマツに一泊したものの、さてこのまま大人しく帰るのは面白くない。
そこで同行人と相談の結果、会津を回って帰ることにした。
昨日の郡山は晴れてはいたが湿度は高く、久米正雄をはじめ、郡山ゆかりの文学者の資料を集めた「文学の森」を見て回ったときには、しこたま汗をかいた。
うってかわって、今朝は重い曇り空。
相変わらず湿度は高く、典型的な梅雨空である。
遅めのチェックアウトを済ませ
「ねぇ、お昼、どうする?」と同行人が言う。
「そりゃ、お蕎麦でしょ。」
「ふんふん、いいねぇ。街中より山に入ってから(お店を)探そうか」

意に反して、お店はなかなか見つからず、お腹が悲鳴をあげ出した頃、やっと見つけたのはお蕎麦はもちろんのこと、ヤマメや岩魚を食べさせてくれるお店だった。


岩魚と山女、お蕎麦のお店


お品書きを見つめて、悩むことといったらなかった。
お刺身は「岩魚でもヤマメでもできますよ」とお店のご主人がにこやかにおっしゃる。
お刺身もいいけど、塩焼きも捨てがたい。
そろそろ終わりの山菜だっていただきたい。
結局、同行人の彼女は岩魚の塩焼きがついたお蕎麦、私は山菜の天ぷらがついたお蕎麦を注文した。

下郷 お蕎麦1


岩魚とやまめ


国道沿いにあるお店はあまり期待できないというのが私の持論であるが、
それはとんでもない偏見だったと反省した。
山菜の天ぷらは、山独活、しどけ、ネマガリダケなどなど、さくっと揚げられていてとても美味しかった。
お蕎麦も香りよく、適度な歯ごたえが楽しめた。
「で、どうよ、岩魚の塩焼きは?」
串を両手に持って、豪快に岩魚にかぶりついている同行人に訊くと
「うんうん、美味しい!」と満面の笑顔である。

こちらのお店ではヤマメ、岩魚の一夜干しを持ち帰りできるように用意していらっしゃる。
実は、私、岩魚とヤマメの違いが解らない。
「どう違うんですか?」とお店のご主人に訊くと
お店のご主人は穏やかに笑いながら、岩魚とヤマメの一夜干しをそれぞれテーブルの上に並べてくださった。
「写真に撮りますか?」と言ってくださったので、お言葉に甘えました。


岩魚と山女


左が岩魚、右がヤマメです。
ああ、美味しかった!ごちそうさまです。
お腹一杯になって、めざすは湯野上温泉。
続きは明日に。

【2006/06/18 22:16】 | 未分類 トラックバック(0) |
サッカーワールドカップ、初戦は残念な結果だった。
国内はもちろん、ドイツまで応援に駆けつけたサポーターは、日本が先制点をあげていただけに、かなり悔しい思いをなさったことであろう。
しかし、何と言っても選手たちが一番悔しい思いをしたのに違いないのだから、とにかく気持ちを切り替えて頑張って!と応援するばかりである。

しかし、このワールドカップの宣伝効果は心底凄いと思う。
サッカーにまったく興味の無い私でも、試合放映にチャンネルを合わせるし、
「侍ブルー」なんて単語も知っている。
また、長男の大学生協では「××大学ロト」という代物を発売したらしい。
一等は「格闘技観戦チケット」
次男が「それ、かなりええやんか!」と乗り気になると
長男が言う。
「二等は『××大学生協食堂1000円券』やで。一等賞にお金をかけすぎたんやろな」
素人に裏事情を悟られるようでは、生協もやるせないに違いない。

しかし、私はなんといってもプロ野球が大好き。
ワールドカップのおかげで、最近はメディアでの影がちと薄い(ような気がする)のが、気に入らない。
大阪出身の私は、判で押したごとく「阪神ファン」である。
満員御礼の甲子園の入場口で、小学校5年生の長男の手をひき、5歳の次男をおんぶして、二枚しかないチケットを提示しながら
「これこのとおり、下の子は試合中ずっとおんぶしていますから、中へ入れて頂戴」と懇願したこともあったくらいである。

お、阪神はセ・リーグトップかい?ま、当然かな
と巨人ファンの多い東北で、何気なく呟いているようにみせては、こっそり薄ら笑いを浮かべている今日この頃である。
今年こそは日本リーグを制して、名実ともに日本一に!
太田さん、道頓堀川の清掃をしっかり頼んまっせ!

サッカーであれ野球であれ、いずれにせよ、ファンの心意気熱ければ、選手の意気もあがろうというもの。
明日の仕事に支障をきたしてはいけないけれど、熱き思いを大いにぶつけようではありませんか!


【2006/06/13 23:17】 | 未分類 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。