上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お彼岸やいうのに大阪はあっついさかいな、川床を予約しといたんやわ」
京都に住む親友が、なんとも心憎い配慮をしてくれる。
川床と聞けば鴨川かと思いきや、貴船だという。
「鴨川は暑いわ。貴船は涼しいし、今やったら子持ち鮎を食べさせてくれはるし」
川床で子持ち鮎!これは、まさに大人の図そのものではないか!
同窓会で飲みすぎの二日酔い気味もなんのその、出町柳から叡山電車に飛び乗った。
貴船口にお店の人が車で迎えに来て下さっていて、山間の登り坂を5分ほと走ると、しっとり落ち着いた、いかにも京都らしいお店に着いた。

「おこしやす」
赤いたすきをかけた愛想のよいお姉さんが、てきぱきと案内してくださる。
心地よい水の流れる音が聞こえてきたと思ったら、そこには憧れの川床が並んでいた。

070923A1すぐそばで滝を眺められる席に通されたのは、友人の尽力のおかげではなかろうか。「先週も来てくれはって。おおきに」「今年はえらい暑いさかい、今月は3回目になりますねんわ」二人の会話を傍で聞いて納得する。


070923A2


川床は京都の夏の風物詩だが、お料理には衣担ぎや栗の甘露煮がしのばせてあって秋の風情をそれとなく醸し出してある。こういう心配りは、やはり京都だなと感心することしきり。


070923A3


お素麺と天ぷら。
びっくりするような食材ではないが、どのお皿にも「京のおもてなし」という心意気が感じられる。
いたって庶民派の私は京都の気位の高さが苦手だが、老舗と呼ばれるお店を守り続けるのには、並大抵ではない誇りの高さと良い意味での頑固さが要るのだ。
しばし、水の流れる音に耳を傾ける。
小鳥がちちっと鳴きながら、川床の上を飛んでいく。
小学校でともに机を並べた友人と、しみじみ過ぎた日のことを思い出しては苦笑いをしたり、しんと心が黙ったり。
友だちとは、なんてありがたいものなのだろう。

070923A4


さてさて、子持ち鮎。
先ほどの殊勝な気持ちはどこへやら、ちょうどいい大きさの鮎をつついては舌鼓をうっていた。
鮎は繊細な魚だ。
その身といい、ほろ苦いお腹といい。テリトリーに敏感でなかなか気の強い魚だそうだが、鮎に魅せられて毎年釣り糸を垂れる人の気持ちが少しわかるような気がする。

涼しい風に揺られながら、美味しいお料理を楽しんでいるうちに、気がつけば帰りの新幹線の時間が一刻を争うまでに迫っていた。
大慌てで帰り仕度をし、次男から頼まれていた蓬莱の豚まんを手に、大混雑の京都駅を走りに走った。付き合いのいい友人も、一緒になって走ってくれた。
やっと乗った新幹線の中で、改札口の向こうから「気ぃつけて帰りや、また帰っといでや」と手を振ってくれた友人の姿を反芻し、つくづく私は果報者だと胸を熱くした。


スポンサーサイト

【2007/09/25 22:21】 | 未分類 トラックバック(0) |


sanatch
川床は前々から気になっていました。ぜひ行ってみたいです。

蓬莱、私は昨日シューマイを買ってきました^^



senju
sanatchさん、こんばんは。
さすが京都、川床は風情があって素敵でした。
京都市内より気温が3~4度低いそうです。
たしか、今年は9月いっぱいで川床は終わるとおっしゃっていました。


コメントを閉じる▲
2泊3日、大阪京都をさんざん楽しんで帰ってきた。
宿泊先のホテルに荷物を置くなり、イタリアンだ、和食だ、川床だとまぁよく食べること飲むことといったら。
ビリーを頑張りきれずに行ったものだから、いっそう立派な体型になって帰ってきた。

同窓会ではお会いしたかった先生のご出席がなく、少々残念な思いをしたが、懐かしい友人たちと昔話に花が咲いて、声が枯れるほど笑った。
次男が乳飲み子の頃、お世話になったお風呂屋さんの娘さん、私が大失恋した男の子(いまではすっかりオジサンだけれど)、以前このブログに登場した健気なK君の友情を集めたO君、平泳ぎが得意で、学校の水泳大会では女子生徒の熱い視線を一身に受けていたH君、できることならクラス名とお名前を胸につけておいて欲しかった人、みな一様に目尻に笑い皴ができ、学生の頃にあった若さゆえの刺々しさもツッパリもきれいさっぱりなくなって、優しく丸くなっていた。
そんな友人たちを見ていると、年を重ねるのはそう悪くないことかもしれないと思えてくる。

幹事を務めてくれた人たち、本当にありがとうございました。
京都に住む親友は小学校からの同級生だが、「遠いとこから来たんやさかい」とずっと付き合ってくれた。
どれほど沢山の人のお世話になったことか。
明日はその京都の親友が連れて行ってくれた川床を、感謝をこめて書くことにします。

【2007/09/24 23:47】 | 未分類 トラックバック(0) |
お天気が良ければ、まだまだ日中は暑いけれど、夕方から降りだした雨のおかげで、今宵は過ごしやすいどころか少々肌寒い。
素足でパソコンの前に座っていると、指の先がしんしんと冷たくなってくる。

9月から「ビリーをもっと頑張る」「ビリーの後のビールはやめる」
「できれば禁煙をする」と目標をたてたのは、23日に大阪で行われる同窓会をにらんでのことだった。
ビリーズベルトを購入し、長男にビリーのDVDをもう少し借りておいてほしいとお願いすると「同窓会の威力ってすごいな」と息子たちが口をそろえて言う。
息子たちは決して信じないが、30年以上前、私は「三角」というあだ名をつけられたくらい、ほっそりした顔をしていたのだ。
同窓会なのだから、サバの読みようがない。
実年齢そのまま、いわば無防備で懐かしい友達に会うわけだ。
ならば「原型をとどめてないやん」と言われるよりは、「ちっとも変わらないね」と言われたい。
さもしい根性で同窓会に出席するようで、ちょっと恥ずかしい気もするが、誰にでも少なからず似たような気持ちがあるのではないかと思う。

ところで、たてた目標の進み具合。
ビール0本→2本、禁煙→節煙、ブートキャンプにはまだ3回くらいしか行っていない。
着ていく予定のパンツ、ウェストが納まらなかったらどうしよう。


【2007/09/11 00:05】 | 未分類 トラックバック(0) |


あやこ3
 おはようございます。
体型補正、頑張って下さいね(笑)

 ・・・私は23日、姪っ子の結婚式です。
最近の結婚式は昔のように既婚者は留袖、というのが少なくなってきたようです。
 それはそれでよいと思いますが、すると、さて何を着ましょう?と考えてしまいます。
・・・未だに決めかねてます(笑)

 では同窓会、楽しんで来て下さいね!




senju
あやこ3さん、こんばんは。
最近は留袖を着ないのですか!知らなかった~
そういえば、浴衣の帯に帯締めをした若い女の子を見てびっくりしましたが、形式や習慣にとらわれないということなのでしょうね。
ところで体形補正の方は、少々開き直り気味です。


お久し振りです
mikko
なんだかすっかりブログもサボリ気味のmikkoです、こんにちは。
senjuさんもビリーやっているんですね!
私も友達に借りて始めようかな~なんて思っているのですが、続くかなぁ。
秋は色々と美味しい季節だし・・。
あ、もう挫折の予感が・・。


senju
mikkoさん、こんばんは。
最近はビリーをさぼり気味です。
でも、ビリーは効果大だと思いますよ。次男のお友達は体脂肪が10パーセントも下がって、別人になったらしいですから。ま、若い人は代謝がいいですから、効果も早くでるのでしょうね。
ブログもついさぼりがちになりますが、お互いボチボチやりましょうね!


コメントを閉じる▲
9月に入って初めてのブログで文句を書き連ねるのは不本意だが、怒り心頭に発するとはまさにこのことで、社会保険庁、ええ加減にしいや!
年金保険料の無駄使いが明るみに出たと思ったら、納付記録の消失や付け間違い、挙句は保険料を勝手気ままに使っていたというから開いた口がふさがらない。

まだ大阪にいたころ、社会保険事務所に用があって出かけた。
会社の昼休みを利用し、自転車で大汗をかいて行ったのだが、職員の休憩時間が午後1時までということで、受付前の長いすで待たされた。
待っていたのは私一人ではない。
私と同じように、昼休みを利用して来たと思われる人が何人も待っていた。
1時まで後10分足らずになっても、職員たちはゆっくりお茶を飲んだり、キャーキャー騒いでいたりで一向に仕事に取り掛かる気配なし。
これだけの人が待っているのだから、職員同士でお昼休みを交代にするなどして対応すればいいのではないかと、かなり不満に思った。
1時を回ってやっと名前を呼んでもらって用件を話すと、男の職員はさも面倒くさそうに何度も舌うちをした。
「あなたが私の年金を払うわけじゃないでしょう」と言いたかったが、
そのころの私は今ほどオバサン化していなかったので、彼の横柄な態度を我慢するしかなかった。
今夜のニュースで横領していた社会保険事務所の中に、そこの名前があった。
やっぱり、あのときの彼の態度を正すべきだったと悔しくてならない。

いやいや、そんな微々たることよりも、社会保険庁のあまりにずさんで許されない行為を徹底して糾弾してもらいたい。
舛添さん、よろしくお願いしますよ。
お役所に大盗人がはびこっているのですから。


【2007/09/05 00:08】 | 未分類 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。