上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうも毎日きなくさいニュースばかりだと、今年の重大ニュースがいったいどれなのか区別がつかない。
母がまだ元気だったころ、暮れにとんでもない事件の報道があると「ああ、年末やなぁ」とよく言っていた。
母には事件にも旬があったらしい。

今夜、大阪に住む叔母に電話をした。
ずいぶんとご無沙汰をしていたから、ちょっと決まりが悪かったのだが、叔母は相変わらずのよく通る声でよく喋り、私をしこたま笑わせてくれた。
ひとしきり笑い合った後に突然、叔母が「私な、DVD出したんやで」と言う。
齢75を数える叔母である。どこにそんなパワーがあったのかとびっくりして訊いてみると、なつかしの上方漫才を特集したDVDであるらしい。どうやら、叔母がDVDを出したのではなく、叔母が昔お世話になった会社とそのDVDを販売する会社が出したようであった。
「4枚のな、ブックになってるねん」
アメリカに13年住んでいた叔母は、ベタな大阪弁の合間に時々簡単な英単語を使う。
DVDは、出版にあたって、出演者である叔母に会社から送られてきたようだ。
いくら身内が収録されているにしても、4枚組とあっては、見たい演者とそうでない演者も入っているだろうから、丸ごと購入するのは勿体ない気がする。
ならば、叔母の手元にあるDVDを借りるのが得策と考えるのだから、私もせこい。

叔母の話によると借り手の順番が決まっているので、DVDが私の手元に届くのを待っては年が明けてしまう。
明日から師走。年明けまで待ってはいられないと、アマゾンで問題のDVDを検索しながら「ああ、年末やなぁ」と思った。
スポンサーサイト

【2007/11/30 23:03】 | 未分類 トラックバック(0) |
ブログを書く手が重い。
今日は書くぞと決めてPCの前に座っても、つい、スパイダーソリティアにのめりこんでしまう。
去年のブログを読み返してみると、嬉々として書いていた(であろう)自分が少しばかり眩しく見えた。
と、愚痴をこぼしてみたところで仕方ないから、はたまた心機一転がんばろうと決意する。等身大でいこう、等身大で!

子供のころの通知表に、よく「忘れ物が多い」と書かれた。
そのころからの悪癖がいまだに治っていないのか、それとも年齢のせいなのか、今日は会社に携帯電話を忘れてきた。
いまごろ、友人知人がメールを送ってくれていたら、どんな光景になっているだろう。
真っ暗な事務所の片隅で、私の携帯の着信音が鳴っている。
メール着信音はジムノペディ。
ちょっと気だるいような音楽が、闇の中で点滅する小さな青い光をともなって流れている……ちょっと不気味な光景だ。
少し前までは、メール着信音を映画「エクソシスト」のテーマ曲に設定していた。設定を変える前だったら、もっと不気味だったかな。
いや、ありきたりで面白くないかもしれないなぁ。
童謡なんてどうだろう。次男は黒電話の音の方が不気味だと言う。
なるほど、オリビア・ハッシーが主演だったと思うが、暗闇にベルが鳴るという映画を彷彿とさせて怖い。

そんなことより、まずは、携帯を置き忘れてきたことなど露知らず、連絡をしてくれた友人知人にお詫びメール(あるいは電話)をしなくては!


【2007/11/28 23:10】 | 未分類 トラックバック(0) |


あやこ3
こんばんは!
 今日はちゃんと携帯持ち帰りましたか?(笑)
着メロ、私は相手別に全て変えてあります。
なにしろ迷惑メールが多くて直ぐに判別する為とやはり緊急性を聞き分ける為ですが・・・。

寒くなってきましたね!
東北はもっと寒いでしょうね・・・風邪、気を付けて下さいね。



senju
あやこ3さん、こんばんは。
返事が遅くなって、失礼しました。
音楽知識のない長男が作った着メロ、なんとも頓珍漢で奇妙な曲なのですが、これが目ざましに役立っています。
朝、この曲が流れだすと、気持ちよく眠っていられなくなるのですから。

ここ、2,3日は比較的暖かかったのですが、今夜からまた冬型が強まるとのこと。明日は雪だろうなぁ。
あやこ3さんも、風邪などひかれませんように。



ゆう
こんばんは。
クリスマスのテンプレート、素敵ですね。
サティのジムノペディは私も大好きな楽曲です。
もし私の携帯電話の着信音が「エクソシスト」のテーマ曲だったら・・・確実に夫は夜中にトイレに行けなくなるでしょう。とっても恐がりなんです。(病気になる前からです)
朝が苦手な私は、息子さんが作られた着メロが欲しいな~。

私は・・・旅行に行ったときホテルにコートを忘れて来ました。ホテルは香川県。気付いたのは伊丹空港ですv-399
家に宅急便で送ってもらいました。
どこかに行くと忘れ物をしているのですが、コートが一番大きな忘れ物でした。





senju
ゆうさん、こんばんは。
コートの忘れもの、きっと心臓がドキドキしたことでしょうね。
私の場合、忘れ物は日常茶飯事で、たとえばつらつら書きあげた買い物リストを持たずに、買い物に行くといった具合です。
忘れ物をしない人が羨ましい……。


コメントを閉じる▲
いつから日本には、こんなに大嘘つきがはびこるようになったのだろう。
「嘘つきは泥棒のはじまり」「嘘をついたら閻魔様に舌を抜かれる」
私は、そんな脅しともとれるような教訓を聞いて育った世代である。
私と同じくらいの世代、あるいはそれ以上の世代の人たちが、大きな嘘をつき、苦渋の表情でテレビに映っている。
昭和の子供たちを震え上がらせた教訓は、あながち的外れではないようだ。

ずっと気になっていた私の年金。
社会保険庁のHPにアクセスして、年金記録を確かめることにした。
アクセスして、びっくり!
年金記録を見るためには、IDとパスワードが必要とのこと。
ここまではいい。びっくりしたのは、IDとパスワードの発行に2週間かかると書いてあったことである。
そもそも、社会保険庁がまともに仕事をしてさえいれば、しなくてもいい作業だ。なんでそんなに時間がかかるのか。
生年月日を丸め(日付を切りのいい日に繰り上げたり繰り下げたりすること)たりもしていたらしいし、私の名前は字面が男っぽかったりするから、12月10日生まれ、性別=男性になっていたりする可能性は大である。まるっきり別人やんか!
プリプリ怒っていると、長男が言う。
「おかん、IDとパスワード発行は、二週間どころか1ケ月くらいかかるらしいで」
呆れてしまって、あいた口がふさがらない。

ここまで書いて、ふと疑問に思ったこと。
社会保険庁にお勤めの人の中に、年金記録が消えてしまった人はいるのかな?


【2007/11/19 23:26】 | 未分類 トラックバック(0) |
予報どおり、朝から降っていた雨は霙となり、夕方から雪に変わった。
初雪なれば、儚そうにひらひら落ちてきてくれると風情もあろうが、いきなり大粒の牡丹雪では買い物帰りの足もすくむ。

雪が降り出すと、とたんに戸外は静かになる。
田舎のことゆえ、もともと夜は静かなのだけれど、雪の降る夜は桁が違う。大げさなようだが、世の中には我が家一軒だけしかないのではないかと不安になるくらい静かなのだ。

雪の大変さは知っているつもりだから、雪が降り出すと深刻ぶって「長い冬が始まったね」とため息ついたりするが、もともと私は雪に強い憧れをもっている大阪人である。
地元の人前で大きな声では言えないが、雪が降り始めると、気持ちのどこかがはしゃいでしまう。
このブログを書いている最中にも、窓を開けては幾度外を眺めることか。
すっかり手抜きをして荒れ放題の我が家の庭でさえ真白になって、とてもきれいだ。

しかしながら、この勢いでは明朝10センチ近くの積雪があるかもしれない。
先ほど、髪にいっぱい雪をくっつけて帰ってきた長男が「山側は吹雪いてたで」と言う。
明日は気の重い月曜日。
「明日は電車に遅れがでたりして、難儀するかもしれんよ」と息子たちに注意を促す声が、やはりどこかはしゃいでいる。

【2007/11/18 23:05】 | 未分類 トラックバック(0) |


あやこ3
 こんばんは!
 ・・・私も雪大好きです。
特に雪の積もった夜は外に出ると独特な静けさと雪の匂いがあります。
 この辺りはめったに積もる事はありませんが、昔、長野県の野沢温泉にスキーへ何度も行きました。
 そこで夜、温泉街へ繰り出すとき、民宿からお土産屋さんが立ち並ぶ所までの間の小道がそんな感じでした。
 愛知から来た私には全くの異次元の世界に感じました。
雪景色の中の路沿いの民宿や民家の灯りが妙に温かく感じて、そんな風景を眺めながら歩いていく時間が、このうえなく幸福に感じました。
・・・でも北国の方達には、やっかいなんですよね・・・スミマセンです。




senju
あやこ3さん、こんばんは。
ほどほどの雪ならば、雪見窓から外を眺めるなんて風情を楽しむこともできましょうが、ここは豪雪地。
横着者の私では、とても手に負えない積雪量です。
それでも大阪へ帰らないのは、やはりこの地が好きだから。
あったか下着を着こんで、がんばります!


コメントを閉じる▲
これだけブログをサボってしまったら、FC2カウンターをチェックするのが怖い。
山都町の紅葉の記事を最後に、今日も書かなかったと後ろめたい思いを引きずっているうちに紅葉は終わって、明日の夜から雪の予報だ。
炬燵はもちろんのこと、今年は原油が高騰しているからと我慢していた石油ストーブも、今日からお世話になっている。
この時期になると、今年の雪は多いか少ないか、大いに気にかかる。
地元の人たちによると、「カメムシが多い年は雪が多い」のだそうだ。
カメムシが多かったのかどうか、知りたいような知りたくないような複雑な気持ちでいる。

準備のよいお家では、雪囲いが始まった。
庭木が雪の重みで折れたりしないように、板で囲うのである。
円錐形に組まれた板の中に収められた庭木は、春の雪解けをじっと待つ。
12月が近いとあってか、都心部では木々がイルミネーションで輝きだした。たしかに華やかできれいだけれど、木にはなんの影響もないのかと気にかかる。
私としては、木がすーすーと眠れないでいるようで、自ら望みもしない煌びやかな衣装にじっと耐えているようで、哀れな心持がしてならない。
イルミネーションは、ビルとか橋とか無機質なものだけに取り付けるようにしては駄目なのかしら……。

11月も半ばを過ぎた。
冬は駆け足でやってくる。





【2007/11/18 01:39】 | 未分類 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。