上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「むかーし、あったずもな。むかーしな」
遠野の語り部館で聞いた、語り部のやさしく穏やかな口調の語りである。
語り部のお年のころは70歳くらい。お漬け物やおはぎを作らせたら、魔法のように美味しいのを作られるのではないか、重ねた指の節は立って、長年の農作業や台所仕事の勘がいっぱい詰まっているように見えた。
遠野は民話の里、長い間語り継がれてきた昔話を、語り部が土地の言葉で語ってくれる。
そこには河童や座敷わらしといった不思議な生き物が登場したり、きれいな娘さんと馬の悲恋があったり、いかにも昔話にはありそうなお話なのだが、遠野という町がそうさせるのか、なんとも不思議な趣がある。
山間の村の静かな夜、囲炉裏端で、お年寄りが幼い子供たちに語りかけたのだろう。
私は囲炉裏のある生活を一度も経験したことがないというのに、馴染みのない土地の言葉なのに、なぜか囲炉裏端で聞いている子供になって耳を傾けていた。

遠野盆地は深い山に囲まれている。
―夕まぐれは昼と夜の隙間、摩訶不思議な生き物が暗躍する、決して外には出るな、神隠しにあうぞ
電気もガスもなかった頃の闇は、どれほど深かっただろう。
―風の強い猛吹雪の夜、何十年も前に神隠しに遭ったサムトの婆が帰ってくる。家族に一目会いたいと帰ってくる

切ない話である。
子供たちに対する戒めでもあったのだろうが、子供たちは想像力を逞しくして、おっかなびっくり、昔話に聞き入ったことだろう。
余談になるが、その土地で語り継がれた話は、土地の言葉で語られるのがベストだと思う。
いつだったか、テレビで宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」を岩手の言葉で朗読されているのを観たことがある。
それは今まで読み知っていた「雨ニモ負ケズ」とは、全く別物だった。

遠野の語り部館で聞いた話は二つ。
「遠方から来たのだから」とわずか4人のお客に、語り部はゆったりと情感豊かに語ってくださった。
ありがとうございました。遠野に来てよかった。
外に出ると、9月末とは思えない肌寒さだったが、胸のうちは裏腹にほんのり暖かかった。
どんどはれ。






スポンサーサイト

【2008/09/30 22:12】 | 未分類 トラックバック(0) |
岩手県花巻市は、私の大好きなところの一つである。
花巻と言えば宮沢賢治。宮沢賢治記念館には、4度も行った。
2年前には花巻温泉郷にある大沢温泉に行ったのだが、ここのお湯がとても良くて、友人たちにさんざん宣伝したところ、ぜひとも行きたい!と言うので、行ってきました、大沢温泉「山水閣」

山水閣はとても大きな旅館で、「旅館部」と「自炊部」に分かれている。
旅館部のロビーは広く、ゆったりとしたソファーが並べられていて、到着したばかりの客にほっと一息つかせてくれた。
川に面した窓ガラスは大きく、川をはさんだ山の緑が窓いっぱいに映っている。
案内された部屋もかなり広く、「かくれんぼ」ができそうである。
残念なことにお天気はいま一つ、少し肌寒いのでさっそくお湯をちょうだいすることにした。
お風呂場はいくつかあるのだが、こちらの旅館の名物は混浴の露天風呂。
若いお嬢さんならいざ知らず、私たちが入ろうものなら、先客がこぞってお風呂から上がってしまうことになりかねず、そこは慎み深く遠慮しようということになった。
露天風呂の先にある「南部の湯」は、自炊部を通っていくことになる。
旅館部の長い廊下を通っていくと

os1


まるで昭和初期にタイムスリップしたかと見紛う自炊部の廊下にでた。

os2

一足ごとにぎしぎしと音を立てる廊下、柱には「廊下は静かに歩いてください」との張り紙がある。
自炊部は、湯治客がゆったりと気長に逗留する場所なのだ。
自炊部には、いかにも居酒屋風の食堂があって、私たちの興味をそそる。
部屋を借り布団を借りて、気の向くままにお湯に入った後、この食堂で奥州地鶏の焼き鳥を肴に生ビールを飲んでいる図が頭に浮かんできた。気取らぬ自炊部では、きっと、地元の人たちから面白い話が聞けるにちがいない。



「南部の湯」は空いていた。
静かな浴室の窓からは、川の流れる音が聞こえてくる。
川のせせらぎを聞きながら、ゆっくりとお湯につかる。
お湯はゆるい葛湯のようで、肌になめらか。美肌になれるかもしれないと思うと、嬉しくて嬉しくて。
つい長風呂になってしまった。

os3
混浴の露天風呂はどなたも入っておられなかったので、川にかかる橋の上から写真を撮らせてもらった。
開放感を存分に味わいながらなめらかなのお湯に入ると、さぞや気持ちいいだろうなぁ。












os5

ゆっくりお湯に入ったせいか、遅めの昼食だったわりにはお腹がすいてきた。
温泉旅館の楽しみは、お湯はもちろんのこと、お料理である。

手の込んだお料理が、少しずつお皿に並んでいる。
たとえば、秋の味覚、秋刀魚は四つ編みにして焼いてある。
小さな衣かつぎも可愛い。柿の白和えは、上品な味わいで、いやお酒のすすむことといったらなかった。




os6
お刺身は平目、鮪、ホッキ貝、その下に温泉卵が忍ばせてあり、周囲のトロロと和えていただくという趣向だった。
トロロにはお醤油味のジュレ、ミズの実がいかにも東北らしい。
お世話してくださった旅館のお姉さんが目を丸くするほどお酒をいただいて、大満足。



休む前にもう一度と、再びお湯を頂戴して、爆睡したのでした。
明日は、ずっと行きたいと思っていた遠野へ行きます。











【2008/09/29 22:13】 | 未分類 トラックバック(0) |
いよいよ今日は長男の引っ越し。
心配していた台風も逸れて、快晴とまではいかないが、まずまずのお天気だった。
朝から次男と仙台へ向かった。
長男の新居までJR、バス、地下鉄と乗り継いでの片道2時間余り、2DKのマンションは思ったよりも広い。
引っ越し代は低予算のため、引っ越し業者にはお願いせず、荷物はすべて宅配便で持ってきてもらうことにしていた。
ブラウン管の大型で、重量50kgを超えるテレビを受け取ったとき、息子たちは二人とも「腰が抜けそうや」と言ったが、お昼ごはんを食べたころまでは、まだまだ3人とも元気そのもの。
冗談を言い合っていたのだが、午後から玄関チャイムがひっきりなしに鳴り、
「宅急便です。荷物を34個お持ちしました」「ゆうパックを6個お持ちしました」「佐川急便です・・・」
といった具合で、部屋はあっという間に段ボールの海と化した。
夕方4時を過ぎる頃になっても、一向に荷物は片付かず、3人とも段々口数が減ってきた。

「今日のうちにこれだけはしておかないと、というのは何?」と長男に訊くと、テレビ台の組み立てとテレビの据え付けだという。
たしかに、50kgを超える重さのテレビを一人で持ち上げることはできないだろう。
部屋中に広がっている段ボールをあっちにやりこっちにやりして作業スペースを作り、3人でテレビ台の組み立てに乗り出した。
が、どこを探しても組立説明書がない!
「不良品とちゃうの?!」
「そうやとしても、とにかく組まんとあかんやろ!」
疲れが出てきたせいか、お互いの言葉がちくちく尖りだす。
部品をパズルのように合わせて、いざ木ねじを締めようかという段になって、長男が言った。
「ドライバー、荷物に入れるのを忘れた!」
慌てて100均へ走り、ドライバーを買って、無事にテレビを据え付けたのは夕方6時前のことだった。
「今晩、ここで寝られるの?」と心配になったが、帰りはまた2時間余りかかるのである。
キリがないからと、結局7時前に次男とマンションを後にした。

帰りのJRの中で、あまりに船を漕ぎすぎて目を覚ますと、隣で次男が大きく口を開けて寝入っていた。


【2008/09/21 00:15】 | 未分類 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



ゆう
こんばんは。senjuさん。

大変申し訳ありません。
同じお名前だったので間違って違う方に宛てたコメントを貼り付けてしまいました。
個人名もありますし、誤解をされるかも知れませんので、削除をお願いいたします。
おっちょこちょいの私で、ほんとに恥ずかしいです。
ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

コメントを閉じる▲
今日、家から出す長男の荷物をすべて発送し終わった。
といっても、私はいつもどおり出勤したので、「無事に終わった」と長男からのメールで知ったのだが。
会社帰り、いつものようにスーパーへ買い物に行き、いつものように3人分の食材を買った。
自転車の前かごに買ったものを乗せると、ふらつきそうになるくらい重いのもいつもと変わらない。
「あ、そうか、もうすぐ二人分の買い物で済むようになるんだ」
たった3人しかいない家族の生活で、長男の分がごっそり抜けるのかと思うと、たまらなく寂しくなってきた。
日が短くなったので、スーパーを出るとあたりはすっかり暗くなっている。
ますます心細くて、街灯がにじんで見えた。
家に着くと、山のように積んであった段ボールがきれいに片付いて、長男の部屋は侘しいくらい空っぽになっていた。
掃除機をかけたのはもちろんのこと、雑巾がけまでしたのであろう、床はきれいに掃き清められている。
「おかんに迷惑はかけへんで」と言った言葉どおり、長男は完璧を目指したのだろうが、おかしなことにそれが私には面白くない。
「おかんの出る幕なし」と言い渡された気分である。
ちょっと後ろ髪を引かれるといった風情を、そこはかとなく醸し出してもらってもいいのではないか。
ここまで思い至って、なんのことはない、全然子離れ出来ていない自分自身に呆れて苦笑した。

「あ、せや(そうそう)、Mさんがお肉を持ってきてくれはったで」
そんな大事なこと、早く言いなさいと文句を言いつつ、冷蔵庫の中にあった包みを開けると、いやびっくりするのなんのって!
巣立つ長男の前夜祭としてか、友人のMさんが米沢牛のステーキを届けてくれたのである。
肉食の長男を慮ってか、サーロイン2枚とヒレ肉3枚。

米沢牛のサーロインは見事な霜降りで、ヒレ肉はお箸で切れるくらい柔らかい。
そのうえ、大きいことと言ったら!!!
慎重に慎重に、滅多にお目にかかれない米沢牛だから、気合を入れて焼かなければならぬ。
息子たちに「サーロインかヒレか、どっちを食べる?」なんて言ったけれど、こんなセリフはかつて言ったことがない。
「サーロインから先に、どっちも食べる!」
長男にとっては、ここで会ったが100年目、まさに至福であったろう。

とっておきの岩塩をあて、火加減に神経をとがらせてステーキを焼き上げた。
「ん、うまい!」
和食党の次男でさえ、「うまい、ほんまにうまい!」とサーロインとヒレをぺろりと平らげた。
私もヒレを頂いたが、上等のワインを用意するべきだったと後悔することしきり。
ほんの数時間前のセンチメンタルはどこへやら、「しっかり働いて、たまには美味しいものを御馳走してや」と長男に檄を飛ばしたのであった。

【2008/09/18 21:57】 | 未分類 トラックバック(0) |


あやこ3
わーっ!すごい!見事なお肉ですねぇ(^-^)
・・・もう、残ってませんよねぇ(笑)

 文中にも書かれてみえますが子供の自立は嬉しいですが、寂しいのも事実です。
特に、出て行って暫らくはアレコレと昔の事を思い出してセンチにもなります。
私の場合は、ですが、ナンだかあんまり良いお母さんじゃなかったなぁーと反省も出て来て、益々ショボクレてました(笑)

 改めて、おめでとうございます。
でも、お母さんであられるsenjuさんが偉いです。
息子さんを一人前にされたんですから。


 



senju
あやこ3さん、こんばんは。
過分のお言葉、恐れ入ります。
私はとっくの昔に女房をリタイアしていますから、決して良い母親ではありません。
とくに、男の子は大きくなるにつれ、父親が必要な場面がいくつも出てきますから難儀したこともあります。
それは、自業自得なのですが。
むしろ、息子たちの方がよく耐えたのではないかと思っています。
子供が小さい頃、この子が二十歳になったら私はいくつ?単純な足し算をして、えーーうっそーーなんて思っていましたが、今となってはあっと言う間だったなぁと実感しています。


コメントを閉じる▲
いったん重い腰を上げたとなると、あとはあれよあれよと言う間に長男の引っ越し準備がすすんでいく。
大きな段ボールが次々と積まれて、彼の部屋にはパソコンと布団だけがかろうじて今までの生活をとどめるだけになった。
今日は湿度も低く、からりと晴れたお天気だったので、「布団を干して、掃除機もかけたで」と長男がちょっと得意げに言う。
「せっかく晴れたのに、明日は雨降るのとちがう?」と冗談を言って笑い合ったが、幼い頃は器官が弱くて、今時珍しいねとご近所から言われるくらい、いつも鼻水をたらしていた子だったのに、思えば大きくなったもんだ。
すっかり片付いた彼の部屋は、笑い声がエコーする。
こんな部屋で寝たら、風邪をひいてしまいそうだ。

家を出る段取りは着実に進んでいるようだが、受け皿の方が思うようにいかない。
春の新生活スタートシーズンなら、「はじめての一人暮らしを応援!」とかなんとかで、
家電セット品があるのだけれど、この時期ではどこのお店にも見当たらない。
今春、家電メーカーに就職した友人に訊いているようだが、耳寄りな情報はないと見える。
「俺も社会人になるんやから、自分の生活必需品は自分で見て決める」と言い切っていたが、
引っ越しまであと10日ともなれば、さすがに焦ってきたようで
「洗濯機は何キロ洗えるのがベストか?」とか「天ぷら鍋はどのくらいの大きさにすればよいか?」と私に訊いてきた。
「天ぷら鍋って、揚げ物をするつもり!?」
台所になんて、ほとんど立ったことのない長男である。
なのに、いきなり揚げ物をするとは危険極まりない。
「第一、包丁さえ買うてないやんか」を諭すと、包丁なら買ったという。
料理初心者でも使いやすい万能包丁かと思いきや、
「いやいや、5本セットやで」
出刃、小出刃、柳、菜切りに三徳というからびっくりする。
そんな立派な包丁セット、主婦歴25年の私でさえ持っていない。
「あんた、おねぎも切られへんのに……。高かったんとちがうの?」
「いや、5本で1500円やった」

オークションで落としたという5本セット、ここ数日で届くらしい。
どんな包丁なのか、早く見てみたい。





【2008/09/08 23:14】 | 未分類 トラックバック(0) |


あやこ3
こんにちは(^-^)

包丁5本セットとは・・・思わず噴出してしまいました。
もちろん、私は持っていません。
 ・・・私も、どんなんか見てみたいです!(笑)


senju
あやこ3さん、こんばんは。
そうでしょう、見てみたいでしょう?
今時の若い子の買い物って、びっくりすることばかり。
うちの息子だけかもしれませんが、今日も、410円でビデオデッキを買ったといいます。
こちらも、どんなデッキだか早く見てみたい!



あやこ3
へーっ!着々と新生活の準備してみえるんですねぇ・・・。
なんだか、とってもたくましいですね!

・・・でも410円って420円(税込み)の間違いなんでは?(笑)


senju
あやこ3さん、こんばんは。
たしかに、おかしな金額ですね(←410円)
ビデオデッキがビデオデッキらしく機能してくれれば問題ないのですが、あまりにお安いので、再生一回こっきりなんてなるのじゃないかしらん。
貧乏人の銭失いにならなきゃいいのですが……。



senju
訂正です。
「貧乏人の銭失い」は誤りで、「安物買いの銭失い」と言いたかったのでした。ごめんなさい。


コメントを閉じる▲
長男の引っ越しまで約3週間という段になって、やっとアパートが決まった。
面倒くさがり屋の長男だが、さすがに重い腰を上げて、身の回りの物を詰めた段ボールを一つ二つと積んでいく。
いよいよ自立するんだなぁという実感が湧いてきて、心寂しい反面、少し肩の荷が下りたようでホッとしてもいる。
長男は長男で、社会に出る不安を隠しきれないとみえ、新入社員のネクタイはどんな柄にすべきか、出社は始業時間の何分前にするべきか、カッターはどの程度までの色柄なら許されるか等々、事細かに訊いてくる。
えへんえへん、私はあなたよりずっと長い間働いてきたからねともったいつけて、「常識の範囲内で」と答えた。
アバウトすぎるやん!と彼は言うが、職場によって「常識」は変わるのである。
まずは職場の人たちから可愛がられる新入りになることですなとアドバイスしておいた。

息子にはえらそうなことを言ったが、私が社会人になったとき、一番不安に思ったのは、学生のときの長ーい夏休みが、社会人にはわずか3、4日のお盆休みしか与えられないことだった。
辛抱できるかしら?
怠け者の私が考えそうなことである。
そのころは、半ドンだったがお役所と銀行は土曜日も営業していたし、週休2日なんて雲の上の話であって、隔週土曜日休みの企業でさえ高嶺の花だった。
まさか、学校まで週休2日になるなんて、思いもよらなかった時代である。
私が勤めていたのは残業の多い会社だったから、休み前の土曜日は胸がキュンとなるほど嬉しかった。
残業続きの会社の窓から見えるミナミの赤い灯青い灯が、どれほど恋しかったことか。
やっともらった冬のボーナスで、当時ミナミに開店したばかりの「THE GINZA」で買ったコートは、今でも大事にしている。

「面倒でもきちんと自炊して、無駄遣いはせぬように」と息子を戒めはするものの、若いころにしかできない楽しみがあるから、内心は「仕事もプライベートも、思いっきり楽しんで!」と思っている。
長男とともに積まれた荷物の体積分だけ、我が家の生活からごっそり抜けるのは心もとないが、
これも避けて通れぬ道。
ならば、パーっと桜吹雪も華やかに、晴れの門出といきたいものである。







【2008/09/01 22:02】 | 未分類 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。