上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんで、(大阪から)米沢さ引っ越してきたな?」
米沢へ越してきた当初、必ず地元の人からそう訊かれた。
越してきた理由はいくつかある。
全部お話するのは面倒なので、理由としてはポピュラーな次男のぜんそくを上げた。
しかし、転地療養しなければならないほど酷そうには見えないと思われたのだろう、いかにも納得がいかないといった様子で「ふ~ん」と言われたものだった。

私が田舎暮らしに憧れを持ったのは、20年以上前のことになる。
きっかけとなった一つは、「となりのトトロ」である。
メイちゃんとサツキちゃんがお父さんと越してきた家、井戸、草いきれを思い出させる草むらや雨が降るとぬかるむ道等々、どれもこれも懐かしくて、「いつか住むならこんなところ」と思ったのだった。
懐かしいはずである。
私が小学校に上がった頃の大阪(大阪市内)は、まだ畑があり、糸トンボが飛んでいたし、井戸を使っていたお家もあったのだから。

きっかけのもう一つは、私が中国語を習っていた時のこと。
といっても、習っていたのはわずか半年間で、しかも私は超劣等生であったから、胸を張って「習っていました」とは言えない。
その時の先生が上海出身のとても奇麗な女の人で、私は彼女が大好きだった。
どんな経緯だったか忘れてしまったけれど、私が「大阪以外に住んだことがない」と言うと、先生は白く華奢な首を傾げて、「日本の女の人は、生まれ住んだ所から離れたことがないと言う人が多いですね。どうしてですか?こんなに自由な国なのに。私は明日アメリカへ行けと言われたら、喜んで行きます」
当時の中国は、現在のように一般国民が自由に海外旅行などできなかった。
そんな中で先生が日本で中国語を教えることができたのは、ご主人のお母さんが日本人であったのが大きな理由であるらしかった。
有利と思われる理由があっても、許可が下りるまで随分と時間がかかったとも聞いた。
決して生まれ故郷を蔑ろにするわけではないが、先生は「知りたい、見たい、行ってみたい」気持ちを
抑えず、行きたい所へ行くべきと私に教えてくれたのである。

「あんたは昔から、突然、突拍子もないことをする」と旧友が言う。
呆れてものが言えないらしいが、当の本人は重大さを認識せずに事を起してしまう。
事を起して8年目。
浪人生だった長男は独立し、小学」5年生だった次男は大学生になった。
すっかり子育てから解放された私は、これから何になるのか。

ヒアルロン酸たっぷりシートを顔面に貼りつけて、考えた。
年を重ねたとはいえ、まだ少しは猶予がありそうだ。
行きたい所へ行こう。
住みたい処へ行こう。
なんだかワクワクする今宵であった。

スポンサーサイト

【2009/05/27 22:41】 | エッセイ トラックバック(0) |
昨夜、夕食を終え一段落してからパソコンの前に座ると、「みぃ」と鳴く声が聞こえてきた。
はたと耳を澄ませて方向を測ると、どうやら我が家の西側辺りではないか。
「みぃ」は2度ほど続いたかと思うと、ぴたりと止まってしまった。
そろそろ10時になろうとしている。
目はモニターを睨んでいても、視覚まで聴覚に動員したかのごとく何も見てはいず、「みぃ」の声を聴き落とすまいと息をひそめた。

「…ぃ、みぃ」
かぼそく、泣いているように思われた。
声からして、きっと子猫だろう。
明日の朝は9度まで気温が下がるとの予報、子猫の体力を奪うには十分ではないか。

懐中電灯を手に、外へ出てみる。
我が家の周りは街灯が少なく、懐中電灯だけでは照らす範囲が少なすぎてもどかしい。
子猫はうんともすんとも鳴かない。
おびえたのか、それともどこかへ行ってしまったのか。
深夜のことゆえ、小声で「ニャー」と鳴いてみる。
反応はない。
いや、オバサンの声の「ニャー」では、よけいにおびえさせたかもしれない。
しばらく待ったけれど、子猫の声も姿も探せず。
すごすごと家に帰った。
パソコンの前に座ってしばらくすると、「みぃ」
再び、懐中電灯を手に……
昨夜、この繰り返しを何度したことだろう。
結局、あきらめて布団に入ったのは午前1時を回っていた。

そして、今朝、子猫を掌で温めている夢をみた。
よほどお腹を空かせているんやわ、必死で鳴いているもん
と思ったところで目が覚めたが、実際に窓の外から「みぃ みぃ」が聞こえてくる。
時計は午前5時になるところ。
パジャマの上からスエットを着て、子猫を探しに表へ出た。
6時前には次男も一緒に探したが、子猫は見つからないまま。
寝不足となんとも切ない気持で出勤した。

今夜もパソコンの前に座っている。
幸か不幸か「みぃ」は聞こえてこない。
幸だよな、きっと誰かの掌で温めてもらっているよな。
次男にそう言うと、「当たり前やん、そうでないと、また今晩寝られへん」
今夜は親子共に、ぐっすり寝ます。





【2009/05/26 22:55】 | エッセイ トラックバック(0) |
このところ、一人で夕食を摂ることが多くなった。
個食というのか孤食というのか、一人で食べるのはつまらない。
料理にも身が入らず、今まで自分のために料理をしたことってあっただろうかと思う。
なんとなく暗い雰囲気の週末になりそう……いやいや、せっかくの休みをむざむざつまらなくすることはない。
それでなくても、経済危機だ新型インフルエンザだと世情は暗い。
飢饉疫病は、昔も今もセットでやってくるものなのかな。

それはともかく、週末は一人時間を映画三昧、音楽三昧で目一杯使うことに決めた。
土曜日は観たかった映画を一挙に4本。
「パプリカ」「ランボー 最後の戦場」「ノーカントリー」「ミリオンダラー・ベイビー」
楽しい週末を演出したい割には、重めのテーマを取り上げた映画ばかりになってしまったけれど。
手指がむくむほど映画を観て、ぽろりと出た言葉は
「スタローンもトミー・リー・ジョーンズもクリント・イーストウッドも、老けはったなぁ」
…どうも思考がそっちへ向かっていけない。

続いて音楽三昧。
借りてきたCDをウォークマンに書き込む作業を始めた。
SUM41,SIMPLE PLAN、NICOTINE,おなじみのパンクロックを聴いていると元気になってくる。
そして最後の一枚、とりだしたCDは、キャロル・キング。

「素直じゃないな」と自分でも呆れる。
CDを借りたときから、内心は一番に飛びついて聴きたかったくせに、忘れていたようなフリをして、後回しにしているのである。
誰が見ているわけでもないのに、若いころ聴いた音楽に昔を懐かしもうとする自分が、なんとも年寄りっぽく思えるからかもしれない。

いつか歌ってみたい憧れの「It's too late」。この曲は、高校の文化祭で先輩が歌っているのを聴いてすごくステキ!と感動した曲である。(この先輩は、現在、ジャズシンガーとして活躍されている)。
いつぞや、ただ禁煙しても面白くないから、浮いた煙草代でキーボードを買うとブログに書いたことがある。
禁煙はずっと続いているけれど、煙草代貯金は全然続かなかったので、キーボードを買って「It's too late」を弾き語りする夢は霧散した。

久し振りに聴いたキャロル・キング、学生のころの思い出や、サーフィンに興じていた頃の思い出が次々と浮かんでは消えていった。








【2009/05/17 23:23】 | エッセイ トラックバック(0) |
昨日は母の日。
朝早くから出かけていた次男は、夕方帰ってきたと思ったら、「友達のところへ行ってくる、泊まりになるから」と晩ごはんも食べずに再び出かけて行った。
今日は母の日なのに……。茶の間にぽつんと一人、なんとも侘しい夕餉である。
あまりの静けさに、普段はめったに見ることのないバラエティ番組にTVのチャンネルを合わせたが、
出演者が何を言っているのか、さっぱり分からない。
おぜんざいの甘さを引きたてるためにひとつまみのお塩をいれるのと同じで、大げさにも聞こえる観客の笑い声が、余計に我が家の静けさを引きたてる。
いつの間にやら、背中を丸めて、泳ぐような眼でテレビを観ている……ど、独居老人そのままではないか!

と、そこへ宅急便屋さんが荷物を届けてくれた。
送り主は長男である。
文庫本サイズの包みをといてみると、

SK0510

私の大好きな斎藤清の作品集!嬉しい、どうもありがとう!
1ページ1ページがポストカードになっている。
素直にお便りに使ってもいいけれど、正直なところ、もったいなくて使えない。
とくにお気に入りの作品をフレームに入れて、壁に飾りたくなった。
長男から譲り受けた部屋は、いまだに恐ろしく殺風景なのである。

テレビの電源を切り、最近はまっているシンプル・プランを聴きながら作品鑑賞とあいなった。
あ、この作品いいなぁ、これも素敵!
最終ページをめくると、長男からメッセージカードが入っていた。
「おかん、いつまでも元気で」
さっきまで独居老人さながらであったにもかかわず、なんだか老人扱いされているようで面白くない。
心配せんでも、口は達者、身も達者な浪花のおかん健在です。




【2009/05/11 21:49】 | エッセイ トラックバック(0) |
ゴールデンウィークも今日で終わり。
私の場合、4連休だったから、言うなればプチ・お盆休みであった。
息子たちが幼かった頃のゴールデンウィークは、息子たちが中心だったけれど、今ではすっかり私が
中心、「また山へ行くの!?」と呆れられようが、山菜採りに明け暮れた。
明け暮れるのはいいけれど、はたと思いついたことに、「あ、今年はまだ筍料理をしていない!」

というわけで、急いで宮城県丸森町の筍を入手し、昨日から下ごしらえにかかった。
丸森町の筍は、肌が白くてきめが細かく、筍にしておくにはもったいないほどである。
ちょうど掘りたてということもあって、えぐみも少なく柔らかいことこの上ない。
こんなに美味しそうな筍なら、出汁に使う鰹節を奮発する甲斐があるってものだ。

筍ごはんも筍の天ぷらもいいけれど、私は若竹煮が一番好きだ。
折しも、大阪の友人が徳島鳴門の若布を送ってくれた。なんて良いタイミングだろう!

しかし、味付けの段になって、ふと手を止めた。
今年の3月、京都のオークラにある「入舟」の朝食にあった「若竹煮」を思い出したのである。
すごーく美味しかったよなぁ。どうすれば、あんなに美味しくできるのかしら?
食材、調味料、すべて吟味されたものなのだろうなぁ、それと、やはり料理人の腕がものを言うのだろうなぁ……せめて、我が家の調味料のランクを少し上げることにしよう。


CIMG7578.jpg

【2009/05/06 21:04】 | エッセイ トラックバック(0) |


あやこ3
わーぁ!
美味しそうな竹の子ですねぇ・・・。
上手にお料理されましたね(^-^)

 私も大好きです。
この辺りでは、もう竹の子は終盤に近いです。
3週間ほど前に、私も堀り立てを竹の子ご飯にしていただきました。
春の恵みです!



senju
あやこ3さん、こんばんは。
筍の旬は短くて、その分インパクトも強くて。
東海地方では、もう終盤なのですね。
この辺りでは、これから笹竹という細い筍が旬を迎えます。


コメントを閉じる▲
ゴールデンウィークの楽しみは山菜採り。
と言えば、いかにも中高年っぽくて少々抵抗があるけれど、どうしようもなく好きなのだから仕方ない。
今年も、たらの芽、こしあぶら、こごみを採ってきた。
本音を言うと、もっと採れる山菜のレパートリーを増やしたいのだが、山菜の中には毒草と見分けが難しいものがあるので、ビビリな私は石橋を叩いて渡っている。

採ってきた山菜は、定番のお浸しや天ぷらで楽しんだ。
だが、いくら山菜大好きといっても、同じ料理法ばかりでは飽きてしまう。
山菜は、言うまでもなく、これから伸びゆく植物の若芽。それをぽっきりと採ってきたのだから、残さず頂いてしまわないと申し訳ない。
そこで作ったのが、山菜汁。
山菜汁は、米沢に越してきた当初、料理屋さんでいただいて感激した思い出がある。

まず、お出汁は昆布と鰹節で丁寧に引き、そこへ山菜を入れる。
私としては、絶対に山うどを欠かしたくないので、たとえスーパーで買ってきてでも必ず入れる。
お味はお醤油仕立てだが、隠し味程度にお味噌も。
しかし、なんといっても味の決め手はこれ、塩皮鯨である。

sansai1

米沢に来て、はじめて塩皮鯨を見たとき、「コロ!」と思ったものだった。
コロとは鯨の脂身で、私が子供の頃は、おでん(関東炊きと呼んでいた)の具になっていた。
閑話休題、このクセのある鯨の脂身が非常に山菜の味を引き立ててくれる。
ただし、塩味がきついことと脂身であることから、お好みにもよるけれど、少量にとどめおくこと。
でないと、ギトギトになってしまう。
手前味噌で申し訳ないが、この度の山菜汁、すごーく美味しかった!

sansai2


「うまいなぁ」と次男がしみじみと言ってくれるのと、残さず山菜を食べつくしたいのとで、ここ3日ほど山菜料理が続いている。
今日になって、「俺、胃が緑色になっているような気がするわ」と次男が言う。
たしかに、私もそんな気配が。
ほどほどにしておこう。




【2009/05/04 22:14】 | 未分類 トラックバック(0) |
今日から4連休、待ちかねたゴールデンウィークに入った。
今春から大学に通う次男は、朝早くからおめかしして留守。
一人家に残った私は、のんびり家事をこなすことにした。
お天気は快晴とまではいかなくとも、まずまずの洗濯日和である。
庭に立てば、土と緑の匂いが気持ち良い。
長時間そうしていたのか、物干し竿の上で休んでいた蛙がアルミ色になっていて、思わず噴き出してしまった。

洗濯物を干し終え、お気に入りの鉢植えを眺めた。
おきな草、宮沢賢治の童話では「うずのしゅげ」として紹介されている花だ。
ずっと探していて見つからなかったのに、去年、たまたま立ち寄った産直のお店で手に入れた。

おきな草

手に入れた時は、花芽が2つだったのに、なんと6つに増えている!
地植にしようかと思った瞬間から、頭の中では、我が家の庭がおきな草畑になる。
こんな可愛い花が庭一面に咲いたら、さぞや嬉しいことだろう。

「や(止)めときって」と晩ごはんを食べながら次男が言う。
毎年、雑草との戦いに完敗しているのだから、おきな草を地植にすると
「雑草にまみれて、やけくそになって引っこ抜くか、ミソモクソモ一緒にしてしまう可能性、大やで」
さすが、長年つきあっているだけあって、息子は母の生態をよく知っている。
そう言えば、ご近所の奥さんがおきな草を見て、おっしゃった。
「この花、昔はこの辺りでも、いっぱい咲いていたのにね。いつのまにか、一輪もなくなってしまって」

やはり、鉢植えで育てよう。


【2009/05/03 21:53】 | エッセイ トラックバック(0) |
待ちかねた桜はあっと言う間に散って、米沢では上杉祭りが始まった。
明日、5月2日は武禘式、5月3日は上杉行列の後、川中島合戦が鯉のぼりが頭上を泳ぐ、松川河川敷で行われる。
上杉景勝公・菊姫がゲスト参加されるとあって、大いに盛り上がることと期待している。
ゴールデンウィーク前に、最高気温が10度に満たない寒い日もあったけれど、お祭りと同時にお天気は上々、日中は気温もぐんと上がって初夏を思わせる陽気。
今年はNHK大河ドラマ「天地人」の影響もあって、観光客が例年より多いと見込まれている。
観光客の方々には、ぜひとも、大いに米沢を楽しんでもらいたいものだ。
より一層、米沢を楽しんでいただくために、今夜は米沢の美味しいものを紹介したいと思う。

mtkw1



紹介したいのは、「塩引き寿司」
写真左側、紅塩鮭がネタの押し寿司で、脂ののった鮭の塩加減と酢飯が絶妙。
鮮やかな紅色とシャリの白が紅白を織りなすことから、米沢ではお祝の席でよく出されると聞く。
米沢では塩引き寿司を食べさせてくれるお店が数件あるけれど、私のイチオシは門東町にある
すたんど割烹「東家(あづまや)」

azm2

親方にお願いして、塩引鮭を切り分けるところを撮らせてもらった。
なんて見事な紅塩鮭!

azm1

わがままついでに、腹の部分をつまみにしてもらった。
強い塩気も、小さく切ってあることと脂の乗った部位であることで、そうきつく感じない。
酒の肴にぴったり!

azm3

東家では、季節ならではのお料理も提供してくれる。
今なら、なんといっても山菜。
先日、私は「かたくり」を初めて食べさせてもらった。
「かたくり」が食べられるのは知っていたけれど、あんなに可愛い花をつけるのに食べるなんて!と思っていた。
が、一口食べてみると、いや、美味しいのなんのって。
お酒やお料理の進み具合を計って出される季節のお漬け物は、とても良い箸休め。
お料理はどれもきっちりとして正統派だが、お店は堅苦しい雰囲気ではない。

「お客さんから『ほっとする店』と言ってもらえるのが、一番うれしい」
秋吉久美子さんに似た美人の女将さんが、満面の笑みで言われた。

観光客のみなさん、米沢牛もいいけれど、塩引寿司もきっとお気に召しますよ。




【2009/05/01 21:40】 | 未分類 トラックバック(0) |

No title
Sanatch
つまみが気になって仕方ありません。
でも飲めば一泊、、、うーん、飲まずに食べてみようかしらん。

No title
senju
sanatchさん、こんばんは。
つまみの塩引を肴にしないで召し上がるのは、ほぼ拷問に近いかと(笑)
お時間の許すときに、ぜひ召し上がってみてください。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。