上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で8月も終わり。
これで今年も3分の2が終わったわけで、内心ギョッとしている。

今年の8月はバラエティ-に富んだ月であった。
8月5日から古巣である大阪へ帰り、さんざん友人たちと大騒ぎをした最終日には京都へ。
小学校からの親友と修学院にある「のんきや」で旧交を温めた。なーんて、カッコつけた言い方はやめて、要するに、私は「のんきや」に行きたくて、親友に予約をとってもらったのだった。
米沢へ帰ってきてからは、9月に予定されているお芝居のお稽古があったり、市の講座を受けに行ったり。
お盆休みは息子たちが帰ってきた。にわかに、我が家はかつての賑わいを取り戻し、私はお腹がよじれるほど笑った。
夜更けまで一緒に飲んで食べての翌朝、息子たちがぐっすり眠っているのを起こさぬように洗濯を始める。
子供がぐっすり眠っている、それを眺めて得る安堵感は、息子たちが大きくなっても変わらない。
――褒められた母親やないけど、この子たちのオカンになれて良かったな

実は私、家を出た子供たちが帰ってくるのを、指折り数えて待つバアサンにはなりたくないと思っていた。
子供たちが巣立った後に残される寂しさは、いくらかでも分かるつもりだが、ええい、それでもじっと待つバアサンなんかになってたまるかと思っていた。
ところが、息子たちが帰ってきて、さんざん飲むわ食べるわの騒ぎの後は、まさに祭りの後である。
息子たちが残していった洗濯物をたたみながら、次は年末かとカレンダーを見つめた。









スポンサーサイト

【2011/08/31 23:01】 | 未分類 トラックバック(0) |

お久しぶりです
tina
大阪にいらしてたんですね!
お元気そうで嬉しいです。

息子さん達との団欒も想像が膨らんで微笑んでしまいました(笑)
こちらも母と二人元気に仲良く暮らしています。

Blogいつも楽しみにしています!
お芝居も頑張って下さい☆

あ、それと…
指折り数えるお母さんは素敵だと思います。
寂しくなんて見えないし、色々チャレンジされててかっこイイです(^-^)/

No title
senju
tinaさん、こんばんは。
いつ更新するか分からない、気ままブログにお付き合いいだたき、本当にありがとうございます。おかげさまで、親子3人元気に暮らしております。
かっこイイなんて言ってもらえて、ひゃー!嬉し恥ずかし、どうしましょう!カッコ悪い生き方をしてきましたのに(笑)。どうか、今後ともよろしくお願いします。


コメントを閉じる▲
親友の娘さんの勤める高校が、選抜高校野球に出ることになった。
なにしろ初出場なので、関係者各位は上を下への大騒ぎらしい。

甲子園への切符をかけた決勝戦、娘さんの高校=東大阪大柏原の相手は大阪桐蔭。
大阪桐蔭といえば、勉学、スポーツ、それぞれの分野のエキスパートが集い、しのぎを削る学校と聞いている。
当然、野球に関しても強豪校である。
試合中盤まで、桐蔭が5点リード、東大阪大柏原は苦しい展開になっていた(と思う)。
柏原チームのメンバーには、親友の娘さんの教え子が数人いる。
いてもたってもいられない娘さんは、その子たちに駆け寄って言った。
「『窮鼠猫を噛む』って言うやろ!」
「・・・・・・。先生、キュウソって何?」
「え?ええい、説明してる時間ない!!とにかく、猫を噛んどいで!!」
見事、キュウソは猫に噛みついて逆転し、甲子園の切符を手に入れたのだった。

そんな話を職場の上司と話していると、上司の息子さんも高校生の頃、野球をしていたという。
部活は毎日夜10時近くまで。学校は家から20km離れたところにあるから(もちろん、近くに鉄道などない)、どうしたって車で迎えにいかなくてはならない。
帰り道が同じの、息子さんの友達も一緒に車に乗せると、
「狭い車の中に、部活帰りの男の子3人だべ?いやぁ、汗臭くってよぉ」と懐かしそうに笑う。
家に着くのが11時。毎日、帰宅してから泥だらけのユニフォームや汗臭いタオルや下着を洗濯する。
「洗濯も大変だったけんど、忘れらんにぃのは」と上司が言うのに―――

冬は雪のためにグランドで練習ができないから、もっぱら遠征することになる。
ところが、遠征に掛る費用は、バカにならない金額である。親の負担はかなり大きい。
せめてもの気持ちから、息子さんの野球部では年賀状配達のアルバイトをするのが恒例になっていた。
しかし、お正月となれば、寒さ厳しく、うんと雪が積もっていることもある。
「配達の時によぉ、自転車のタイヤさ凍って、動かんにくなってよぉ」
困った息子さんは、自転車が凍って動かないと雇い主の郵便局に電話をした。
すると、
「郵便局の人、ガスバーナーさ、たがって(持って)助けにきたんだ」


甲子園に出場してもしなくても、高校球児と彼らを支える人たちの熱い夏が始まった。








【2011/08/02 22:29】 | エッセイ トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。