上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にとって東京での最大の楽しみは、なんといっても美味しいものを食べること。
行きたいお店はいっぱいある。
神保町の鶴八、同じく神保町の嘉門、大塚の江戸一、湯島のシンスケ、神田の笹鮨、浅草の紀文寿司などなど。
友人と相談した結果、お昼は浅草の紀文寿司へ出かけることにした。
私はこちらの煮蛤が大好き!近頃はすっかり高級貝になってしまった蛤、しっとりとした美味しさを丹念に味わった。軽く炙ってもらった平貝も、茹であがりの朱色が美しい車海老も、今が旬の穴子も、どれもこれも大変に美味しく頂戴した。私はお酒が好きなので、美味しいものはお酒と一緒にいただきたい。
女だてらに昼間っからと、少々気は引けるが、「旅の恥はかき捨て」を都合よく思いだす。
お店を出る頃にはちょっとほろ酔い。気が大きくなって、これまた前から行ってみたかった神谷バーへ。
名物デンキブランの食券を買ってテーブルに坐ると、あれま、周りは昼間っからお酒を飲んでいる中高年ばかりではないか!
―― ははぁん、東京は不良の中高年がいっぱいいてはるんやな
なんだか心強くなってきた。
そのせいかどうか、デンキブランは思っていたより甘く飲みやすかった。

デンキブラン

一旦、ホテルへ帰ってエアコンとアロマの効いた部屋で爆睡すると、夜は初めて行く湯島のシンスケへ。
水茄子のお漬物と野菜の焼き浸しがとても美味しかった。
水茄子は大阪泉州の名産で、浅めの糠漬けがとても美味しい。美味しい水茄子を食べる度に、美味しい糠床を作ろうと決意する(いつも決意倒れだけれど)。
シンスケは居酒屋といえども、お料理が非常にきっちりしているといった印象をうけた。
ここも、東京の必ず行きたいお店リストに書いておかなくては。

そして二次会は神保町の嘉門。こちらのお店は、おまかせで、気の利いた肴をだしてくれる。
その肴に合う日本酒を安心して楽しめるなんて、本当にいいお店だなぁとつくづく思う。
煮穴子に、ぱらぱらと実山椒をあしらった大根おろしを添えた肴をつつきながら、
お店のご主人との会話も楽しんだ。
やっぱり、やっぱり東京って面白い。

スポンサーサイト

【2012/08/18 22:49】 | 未分類 トラックバック(0) |


流星‥☆
わぁ♪私は東京人のくせに
何処のお店も行った事の無いところばかり!
神谷バーは気になっていたけど…
senjuさん流石です!
そういえばスカイツリーさえまだ行って無い(>_<)!

……昨日から、ちょっと遅い夏休みです。
ではまた☆





senju
流星・・☆さん、こんばんは。
お褒めにあずかり、恐縮です。
いつでも行けると思えば、なかなか足が向かないもので、
私もずっと大阪にいたのに、USJへ行ったことがないです。
夏休み、うんと楽しんでください。

お久しぶりです
tina
ブログ更新されてたんですね!
嬉しくて一気読みしてしまいました(笑)
夏休み東京に行かれてたとはビックリです!実は私も行ってたんですよ(^-^)/

私は浅草に宿泊しまして、出発する前にうなぎを食べると決めていたのでうなぎの有名店にお邪魔しました。美味しかったです♪(≧∇≦)

やはり食が充実すると生活は何倍も楽しくなる様な気がしますねえ。

後は前々から行きたかった靖国神社と遊就館にも行くことが出来ました。

大阪に住んでいるのに東京の大都市ぶりには驚かされました!
時間が足りないなと感じた東京旅行でした。

ブログ楽しみにしておりますのでゆるゆるマイペースに更新して下さい☆

また遊びにきます。

tina


Re: お久しぶりです
senju
tinaさん、こんばんは、お久しぶりです。
気まぐれなブログを読んでくださって、本当にありがとうございます。
tinaさんの東京旅行も充実した内容だったようで、なによりです。
今度、東京へお出かけの時は、もう少し足を延ばして是非とも東北へいらしてください。
きっときっとお気に召すはずですから。

コメントを閉じる▲
エレベーターの扉が開いた瞬間、あ、いい匂い。
建物にしみ込んだ香りがふとした拍子に香っているといった風情は、戸外の暑さから逃れてきた人達を和ませる。
すっかりいい気分になって、38Fにあるフロントでチェックインを済ませながら、正面ガラス越しに見えるスカイツリーを眺めた。
マンダリンオリエンタル東京は、泊ってみたかったホテルの一つ。

通された部屋の窓は、大きく都会のパノラマを映し出している。
さぞかし夜景がきれいだろうな。
ホテルの人が窓から見える風景の説明をしてくれた。
「眼下に見えるのは日本銀行です」
「日銀を見下ろせるなんて、とても気分がいいです」
「ええ、そうですね(笑)」
なかなか洒落の通じるホテルだこと。

朝食は38Fロビー横のレストランでのビュッフェ形式。
洗練されたサービスに感心しつつも、一流ホテルのビュッフェの野菜より米沢の野菜の方がずっと美味しくて、
誇らしい気分になったりする。
ちょっと気どって、ウェルカムドリンクのオレンジジュースを飲んで考えた。
窓の外は林立する摩天楼と蛇行する高速道路、そして数珠つなぎの自動車。
当たり前のことだが、ビルの細胞のような窓の奥にも、辛抱強く並んでいる自動車の中にも人がいる。
こんなにたくさんの人が働いていて、その数だけの生活があるのだ。
こうして眺めていると、「しがないパートの私にも、もっとできることがあるかもしれない」と思えてくる。
このホテルの雰囲気がそう思わせるのか、はたまたこれが東京という大都会の魔力なのか。

いずれにしても、非日常を楽しむにはぴったりのホテルでした。
東京って、やっぱり面白い。



Tokyo-1

【2012/08/09 22:13】 | 未分類 トラックバック(0) |


-
素敵なホテルに泊まられたんですね!羨ましいです。
東京見物もいろいろされましたか?
その2を楽しみにしています。


Re: タイトルなし
senju
こんばんは、コメントをありがとうございます。
身の丈に合わぬ贅沢をしてしまったので、当分はお茶漬けで過ごします(笑)。
いつも読んでいただいて、本当にありがとうございます。
少しでも楽しんでいただけるブログになるよう頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。


コメントを閉じる▲
ひと足早い夏休みを東京で楽しんできた。前々から泊まってみたかったホテル、前々から行ってみたかったお店、東京に行ったら必ず行きたいお店、どこも大満足で、うんと楽しい夏休みとなった。明日、美味しい話を載せる予定です。生意気に予告なんてしましたが、これもサボり防止策。
お手すきにでも読んでいただければ、とても嬉しいです。

【2012/08/09 00:25】 | 未分類 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。