上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会第一弾は、JR福島駅近くの「すしところ辰巳」へ出かけた。
往来はつい小走りになる寒さ。
朱色の暖簾をくぐって明るい清潔な店内に入ると、女将さんの元気な笑顔とご主人の穏やかな笑みにほっとする。
「お飲み物は?」
もちろん、お燗酒!
ちょっと身体が温まってきたので、さっそく注文を。
鰈、剣先烏賊、平目の縁側、鱈の昆布〆をつまみでいただいた。

fk2


とくに、剣先烏賊の繊細できれいなこと、新鮮な烏賊ならではの甘さに大満足した。

fk3


続いては、ほやと海鼠腸の塩辛「ばくらい」、ほやがどうも苦手な私だが、こちらの「ばくらい」は大好きである。
お正月、おせち料理の箸休めにいいのじゃないかしら。
年末のことだから、早めにネットでお取り寄せすることにしよう!


fk4


ご主人オススメの〆鯖である。
ちなみに、大阪では〆鯖とは言わず、生(き)ずしという。
いやぁ、いいしめ具合ですこと!
ご主人自ら、オススメしてくださるはずである。
私は家で生ずしをつくるけれど、いつになったら、こんなに美味しい生ずしが作れるようになるのだろう。

築地のお寿司屋さんで食べて以来、大好きになったのが芽葱の握り。
赤身と芽葱を一貫ずつ、握ってもらった。

fk6


ところで、鮪が今までどおりに食べられなくなるらしい。
魚好き、お寿司好きにはダメージが大きいが、よくよく考えてみると、スーパーで鮪が売り切れていたなんてこと一度もなかったように思う。
売れ残った鮪はどう処理されていたのだろう。
「食べ物は大事にしなければいけない」そんな当たり前のことをないがしろにしてきたのではあるまいか、
そんな反省をしつつ味わった鮪、…それでもやっぱり鮪は美味しい!

美味しい肴とお酒をたらふく頂いて、上機嫌のままホテルに帰り、朝まで爆睡。
翌朝は昨夜にもまして、かなり冷えている。
ひょっとして、我が家の辺りでは雪?
案の定、帰りの新幹線が山にさしかかると、一面の雪景色だった。


fk7


fk9


雪は里にも下りていて、いよいよ冬本番である。

fk10


明日は、自転車に乗って出勤できるかな
スポンサーサイト

【2006/12/03 20:52】 | 未分類 トラックバック(0) |


sanatch
「生ずし」、最初なんだかわからずに大阪の居酒屋で注文したことを思い出しました。
ついつい、いつも「初めてじゃないよー、知ってるよ~」って顔して頼んじゃいます(笑)
後悔することも数多しw あ、生ずしは当たりでした。
「生ギモ」は予想通り「レバ刺」でうれしかったなぁ。


senju
sanatchさん、こんばんは。
関東と関西では、食べ物の呼び名が違うことがままあります。
焼き鳥の「砂肝」は「砂ずり」、気心のおけないお店では「おっちゃん、ずり焼いてぇ」なんて言います。
あまり、きれいな呼び名ではありませんが。



senju
訂正:「気心のおけない」は「気のおけない」の間違いです。ごめんなさい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「生ずし」、最初なんだかわからずに大阪の居酒屋で注文したことを思い出しました。
ついつい、いつも「初めてじゃないよー、知ってるよ~」って顔して頼んじゃいます(笑)
後悔することも数多しw あ、生ずしは当たりでした。
「生ギモ」は予想通り「レバ刺」でうれしかったなぁ。
2006/12/05(Tue) 21:52 | URL  | sanatch #-[ 編集]
sanatchさん、こんばんは。
関東と関西では、食べ物の呼び名が違うことがままあります。
焼き鳥の「砂肝」は「砂ずり」、気心のおけないお店では「おっちゃん、ずり焼いてぇ」なんて言います。
あまり、きれいな呼び名ではありませんが。
2006/12/05(Tue) 22:24 | URL  | senju #-[ 編集]
訂正:「気心のおけない」は「気のおけない」の間違いです。ごめんなさい。
2006/12/06(Wed) 00:04 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。