上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝、霜が下りた。
霜は、氷とはまた一風違った寒さを醸し出す
冷凍とチルドの違いといった具合だが、どちらにしたって出勤時の手指は痛くなるほど冷たい。

年末のことだから、国道は数珠繋ぎに混んでいて、その脇をすいすい自転車で駆け抜けていくのは小気味良い。
いい気になって走っていたら、突然自転車が言うことを聞かなくなった。
慌てて自転車を止め、わがままな後輪を見てびっくり。
泥除けがくの字に曲がり、どうしたわけかスタンドがスポークの間に挟まっている。
どうりで、漕ぎ手のいうことを聞かないわけだ。
幸い、職場の近くで起きたアクシデントだったので、その後はずるずると自転車を引きずって出勤したのだが
「あれ!また事故ったかぁ!」
「何したな?車さ、ぶっつけられたか!」
とちょっとした騒ぎになった。
いやいや自己責任ですと照れ笑いをしたが、下り坂を走っている時とかスピードの出ているときに起こったことであれば、照れ笑いで済まなかったかもしれない。
職場で「匠」と呼ばれている男の人が、くの字に曲がった泥除けを治してくださったのだが、「スタンドを止めていたビスが緩んでいたんだな。毎日走っているのに、後輪がガタガタするなと思わなかったの?」と半ば呆れ顔を仰った。
はい、気が付いていました。
でも、チャリンコ歴はかなり長いのですが、スタンドのビスが緩むなんて一度もなかったものですから・・・・
「この間、事故ったばかりでしょ?変だなと思ったら点検しないと」
…ごもっともでございます

年末は何かと慌しいせいか、事故が多発する。
「早く早く」と急く気持ちが、心の淵にひっかかることを「後で後で」と、頭の中のチェックリストの最後尾に回しているうちにとんでもないことになってしまうのだろう。
忙しい反面、華やかなイベントの多い師走、クリスマスパーティーや忘年会を存分に楽しむためにも、細心の注意をはらいましょう。
スポンサーサイト

【2006/12/07 23:45】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。