上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜は長男とレンタルDVDに夢中になってしまった。
遅まきながら、観たのはスピルバーグ監督の「ミュンヘン」
いやぁ、なかなか見ごたえのある映画でした。
映画が終わったのは午前0時を過ぎていて、慌ててお風呂にはいり、またまたブログを無断欠勤しました。
反省…

さて、土曜日の仙台は忘年会シーズンとあってか、どこのお店も満員の様子。
友人と出かける予定のお店に電話をすると、「8時過ぎには大丈夫かと思いますが」との返事だった。
お腹をすかせて8時過ぎに伺うと、あいにくまだ満席だった。
和食のお店の女将さんらしくない、どちらかというとイタリアン・レストラン風の長いエプロンをした女将さんが、申し訳なさそうに何度も「お待たせしてすみません」と言って、熱いお茶をふるまってくださった。
控えめだが、とても愛想のいい女将さんである。
華奢な身体で、笑うときの仕草が可愛らしい。

席に通された途端、先客が一気にひけてしまい、ちょっと申し訳ないような気がしたが、店内は8人掛けのL字型カウンターだけでお世辞にも広いとは言えないから、閑散とした感じはしなかった。
お店のご主人は、30代前半くらいの若い純和食料理人といった感じで、腰は低いがきりりとしていて気持ちがいい。
なんでも、仙台の国際ホテルで修行を積んでこられたそうな。
女将さんとはご夫婦だということだが、それにしても、女将さんは和風な感じがしない。
それもそのはず、女将さんはジャズピアニストなのだそうだ。
「私なんて…。活躍なさっている方のディナーショーが20000円なら、私は3500円くらいかな」とあくまでも謙虚に笑っていらした。

sn1


まずは「お通し」、牡蠣のオイル漬け。
私は生牡蠣が大好きだが、オイル漬けもぷりぷりとした食感が味わえてなかなか美味しい。
そういえば、ノロウィルスのおかげで牡蠣の養殖業者はえらく迷惑を蒙っているそうだが、牡蠣の一番美味しい時期に生でいただけないのはファンにも辛い。


sn9


懐かしい冷蔵庫である。
昔は扉が木じゃなかったけれど。
「魚を冷やすには氷が優しいので、特別にこしらえました」とご主人。
期待をこめて、〆鯖、活蛸、平目の昆布〆をつまみで注文した。
なるほど、どれも美味しいです!

「熱いですから、気をつけてください」と出してくださったのがこちら。

sn7


雲丹と平目が入った茶碗蒸である。
どことなく、今年の秋に暴風雨で足止めをくらった八戸でいただいた「いちご煮」を思い出させるお料理だった。
生意気を言うようだが、もう少し薄味なら、なお一層美味しいのでは。
「いや、それは大阪人の好みってもんでしょ」と友人が言う。
そうよねぇ、ここは仙台だもんねぇ。

sn8


大好物、蒸し鮑だ。
私は(水貝は別として)、鮑は蒸すのが一番だと思っている。
それに、家で蒸し鮑なんてとても作れそうにない。
お店だからこそ味わえる、贅沢な食感と味、ああ美味なり。
お寿司は中トロと車海老、鮪の赤身と鉄火をいただいて、すっかり満足。

帰り際、お店の外までご夫婦で送ってくださった、お店の名前は
「肴町 鮨 江なみ」
開店して1年目の若いお店ですが、とても気持ちのいいお店です。

「明日も忘年会なんでしょ?大丈夫なの?」
友人よ、そんな野暮なことを言いなさんな。
今日は忘年会、美味しい肴とお酒、折りしも仙台は「光のページェント」というイベントの真っ最中ではないですか。
「メインは定禅寺通りよ。ここは青葉通りだからね」

sn11


メインじゃなくても、十分に綺麗じゃない!
ほろ酔いで、ちょっとブレていますけど。
スポンサーサイト

【2006/12/19 23:34】 | 未分類 トラックバック(0) |


sanatch
これは良いお店を教えていただきました。
ぜひ行ってみます。親方と波長が合えばいいなぁ。


senju
sanatchさん、こんばんは。
お店は仙台のエクセル東急から定禅寺通りを渡って北へ徒歩5分くらいかな、公園の向かいにある角店です。
私たちが行ったときは、ネタもシャリも私たち分で終りだった(よほど食べると思われたのでしょうか)ので、後のお客さんは入れずじまいでした。
ご予約はお早めになさったほうが良いかと思います。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
これは良いお店を教えていただきました。
ぜひ行ってみます。親方と波長が合えばいいなぁ。
2006/12/21(Thu) 23:00 | URL  | sanatch #-[ 編集]
sanatchさん、こんばんは。
お店は仙台のエクセル東急から定禅寺通りを渡って北へ徒歩5分くらいかな、公園の向かいにある角店です。
私たちが行ったときは、ネタもシャリも私たち分で終りだった(よほど食べると思われたのでしょうか)ので、後のお客さんは入れずじまいでした。
ご予約はお早めになさったほうが良いかと思います。


2006/12/23(Sat) 00:11 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。