上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕飯の支度をしていると、次男がいつになく上機嫌で帰ってきた。
「今日の俺はテンション高いでぇ」と、雨に濡れたコートを派手に脱ぎ捨てる。
「チョコレート、もらったん?」
「そう!もらったで!」
高校一年になって初めて、身内以外からチョコレートをもらったのだ。
「ひょっとして、告白された?」
「んなこと、あるわけないやん。義理チョコでも、俺は嬉しいんや!」
誰からもらったということよりも、バレンタインデーにチョコレートをもらったという事実が嬉しいのか、ちょっと首をかしげたくなるが、異性にもてたいと思うのは人の常。ましてや、高校生という年齢を考えれば仕方ないかな。

今朝、出勤すると、私のデスクの上にリボンのかかった小箱が置いてあった。
今日がバレンタインデーというからには、どう見たってチョコレートのようである。
いくらオバサンになったとはいえ、性別不明とまではいかないと自負しているので「誰かが間違えて置いたのかな」くらいに思っていた。
犯人(?)は同じ部署の同年代のオバサンだった。
「なんでまた?」と訊くと、「あなたにはいつもパソコンのことでお世話になっているから、ほんの感謝のつもり」ということであった。
私は感謝されるほど彼女にお世話をした覚えはないが、彼女は部署内の人たち全員に「感謝のつもり」を配っていた。
私は義理チョコを渡すだけの遊び心をもたぬ無粋者だが、お歳暮お中元ほどご大層にならず「感謝の気持ち」をチョコレートで表せるのなら、それはいいことかもしれない。
しかし、たとえ義理であろうが身内であろうが、バレンタインデーは女性から男性へチョコレートを贈る日という観念が固まってしまっている私には、どうも座りが悪くてならないのである。

「それって、友チョコっていうらしいで」
と、春休みに入った長男が言う。
「あんた、今日学校へ行ったら、チョコレートもらえたかもしれんで」とからかうと
「俺はそんな幻想から逃避してるんや」と切り替えしてくるのだから、なかなか『もてない男』も堂に入っている。
「そういえば、クラスの女子が友達同士でチョコレートを渡してたわ」と次男が納得していたようだった。
もしかしたら、次男がもらったチョコレート、女の子は純粋に「友チョコ」のつもりだったのでは?
ちらりと浮かんだ疑いを、嬉しそうな次男にはとても言えない。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2007/02/14 22:18】 | 未分類 トラックバック(0) |


mikko
お、次男君、チョコもらえたのですね!
うちの息子は「一つだけもらったよ」と言いながらも、あんまり嬉しそうでもないので、聞くと、「○○っていう男。みんなに配ってた」との事。
男の子でも友チョコってあるんですね・・。
ガッカリしていた息子が、ちょっとだけ気の毒でした。


senju
mikkoさん、こんばんは。
次男にとっては、まさに快挙。
私が渡すバレンタインのチョコレートは、普段のおやつよりちょっとお高めのチョコレートで、しかもラッピングなしですから、愛想も何もあったもんじゃありません。
今時、ホワイトデーは3倍返しらしいですから、お小遣いを溜めておくように言ってます。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お、次男君、チョコもらえたのですね!
うちの息子は「一つだけもらったよ」と言いながらも、あんまり嬉しそうでもないので、聞くと、「○○っていう男。みんなに配ってた」との事。
男の子でも友チョコってあるんですね・・。
ガッカリしていた息子が、ちょっとだけ気の毒でした。
2007/02/17(Sat) 22:44 | URL  | mikko #QP7HO4tU[ 編集]
mikkoさん、こんばんは。
次男にとっては、まさに快挙。
私が渡すバレンタインのチョコレートは、普段のおやつよりちょっとお高めのチョコレートで、しかもラッピングなしですから、愛想も何もあったもんじゃありません。
今時、ホワイトデーは3倍返しらしいですから、お小遣いを溜めておくように言ってます。
2007/02/17(Sat) 23:10 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。