上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミナミやキタじゃないけど、すごく良いお店があるのよ」と美味いもん好きの友人が言う。
和食大好きの私、お昼に新世界の串カツをタラフク頂いたので、夜はうんと美味しい魚料理が食べたかった。
「そこのお店って、お魚が美味しい?」
野暮な質問だった。
というのも、友人が20年通っているというお店なのだから。

連れて行ってもらったのは、今里新地にある割烹。
格子戸を開けると、店内はL字型のカウンターと奥にテーブル席があるだけでこじんまりとしていた。
清潔ですっきりしたカウンターには、余計なものがない。
かと言って、最近よく見かける、低めで一切何も置かれていないカウンターというわけではなく、今宵の食材であるお魚の入った冷蔵庫が乗っているところをみると、ずっとこのスタイルを守ってこられたのだろうと察しがつく。
本当はただの好奇心からなのだが、私は目利きの振りをして冷蔵庫の前を陣取ることにした。

iw1まずは、淡路の雲丹である。
「こぶりだけど、めちゃめちゃ美味しいから食べてみて」と友人が勧めてくれた。
添えられたスプーンで一口いただいてみる。
あらま、ほんと!まったりし過ぎず、あっさりし過ぎず。
ぱくぱくと食べてしまうには惜しいのに、つい手がのびてしまう。
お海苔に巻くもよし、そのままでももちろん美味しく、最初にいただくにはぴったりだった。





iw2お刺身は、鮪、車海老、そして桜鯛だ。
桜鯛は、大阪に帰ったらぜひとも食べたいと思っていた。
その期待で、お箸の先がほんの少し震える。
なんて美味しい鯛だろう!ほどよく締まった身と上品な甘さ、この時期なればこそ「桜」と修飾語のつく鯛なのだが、良い名前を付けてもらったものだ。



iw3とり貝は愛知県産ということだった。いや、こんなに身が厚くてしっかりしたとり貝は久し振り。付け合わせの「はじかみ」よりも、もっと深くかみしめて味わう。ああ、幸せ…

iw4冷蔵庫の中から、こちらに白く透き通ったお腹を見せていた笹鰈を焼いてもらった。
「ここの親方の塩加減は絶品」と友人が太鼓判を押すだけあって、しっとりと焼き上げられた笹鰈は、久し振りに会った友人との会話を遮断するほど美味しかった。


美味しい美味しいを連発すると、「塩焼きの美味しさを満喫するなら、これを食べないと」と友人が自信たっぷりにすすめてくれたのは、鯛のお頭の塩焼きである。
冷蔵庫で見かけたときは、「潮汁にしてもらいたいなぁ」なんて思っていたのだが、先ほどの笹鰈の塩焼きがものをいった。

iw6化粧塩など一切施されていない。余計なものはいらないと感じさせるこのお店らしいなぁ。それにしても、絶妙の塩加減だった。鯛も歯茎までせせられるほど美味しく仕上げられては本望だろうか。


いぶし銀の貫録というのか、寡黙だけれど始終ニコニコと応対してくださった親方。
大変にごちそうさまでした。
桜鯛を肴に、粋なお姉さんがきゅっと一杯なんてのが絵になるお店、
大阪料理人の意気を垣間見た一夜でした。

スポンサーサイト

【2007/04/02 19:29】 | 未分類 トラックバック(0) |


あやこ3
 あららら・・・(ゴックン)
またもや、うらやましい限りですなあー。
 今年は、とり貝が三河湾で豊漁なんです。
近年にない位の良い身らしいですよ。この前、新聞に載ってました。
♪私もとり貝、探して来ましょうっと!



senju
あやこ3さん、こんばんは。
ほんとうに美味しいとり貝でした。
厚さをたとえると、スーパーで売っているとり貝が私愛用の座布団なら、こちらのとり貝は、お雛さんが座ってはるお座布団でした。
へんな例えですけど…


mikko
今晩は、senjuさん。
大阪に帰ってらしたんですね。
美味しそうなお料理の写真に、思わず見入ってしまいました。
久し振りのふるさと。
満喫できたようで、良かったですね!


senju
mikkoさん、こんばんは。
大阪はやはり元気でパワフルでした。
ほんまによう喋るし…
楽しい時間はあっという間。また現実が始まっています。


sanatch
今里新地とは、またマニアックな場所にあるんですね。
塩で微妙な味付けをするところは気になります。
とり貝、北海道ではあまりお目にかかれません。東北でもないと思います。関東や関西に行ったときに見かけたときはまとめて食べるようにしています(笑)


senju
sanatchさん、こんばんは。
長い間大阪に住んでいましたが、今里新地で飲んだのは初めてです。
華やかなりし頃の今里新地では、旦那衆がお茶屋さんで遊んだと聞きました。
お店に行った日は平日だったせいか、そんな面影は見当たりませんでした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 あららら・・・(ゴックン)
またもや、うらやましい限りですなあー。
 今年は、とり貝が三河湾で豊漁なんです。
近年にない位の良い身らしいですよ。この前、新聞に載ってました。
♪私もとり貝、探して来ましょうっと!
2007/04/03(Tue) 19:26 | URL  | あやこ3 #-[ 編集]
あやこ3さん、こんばんは。
ほんとうに美味しいとり貝でした。
厚さをたとえると、スーパーで売っているとり貝が私愛用の座布団なら、こちらのとり貝は、お雛さんが座ってはるお座布団でした。
へんな例えですけど…
2007/04/03(Tue) 21:43 | URL  | senju #-[ 編集]
今晩は、senjuさん。
大阪に帰ってらしたんですね。
美味しそうなお料理の写真に、思わず見入ってしまいました。
久し振りのふるさと。
満喫できたようで、良かったですね!
2007/04/03(Tue) 23:13 | URL  | mikko #-[ 編集]
mikkoさん、こんばんは。
大阪はやはり元気でパワフルでした。
ほんまによう喋るし…
楽しい時間はあっという間。また現実が始まっています。
2007/04/04(Wed) 00:39 | URL  | senju #-[ 編集]
今里新地とは、またマニアックな場所にあるんですね。
塩で微妙な味付けをするところは気になります。
とり貝、北海道ではあまりお目にかかれません。東北でもないと思います。関東や関西に行ったときに見かけたときはまとめて食べるようにしています(笑)
2007/04/04(Wed) 23:45 | URL  | sanatch #-[ 編集]
sanatchさん、こんばんは。
長い間大阪に住んでいましたが、今里新地で飲んだのは初めてです。
華やかなりし頃の今里新地では、旦那衆がお茶屋さんで遊んだと聞きました。
お店に行った日は平日だったせいか、そんな面影は見当たりませんでした。
2007/04/05(Thu) 21:11 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。