上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度の火災に見舞われた法善寺横丁。
火事のニュースを聞いたときは「あんな狭いところで火事になって」と気が気でなかった。
大変なご苦労があったことだろうが、みごとに復興された様子で嬉しかった。
京都から駆けつけてくれた友人と落ち合い、予約時間より早めにお店に入る。
こじんまりとして落ち着いた店内だが、日本料理のお店らしく「きっちりしているなぁ」という印象を受けた。

食前にだされたのは、「菊姫」のにごり酒。
朱塗りの盃ににごり酒の白が、とてもきれいだ。
初めていただいたお酒だが、にごり酒とは思えないくらいさらりとして口当たりがよく、お腹に重くない。


hk1最初に出していただいたのは、みる貝と独活とかんぞうの酢の物。お酢は細かいゼリー状にしてあり、口の中ですっと溶ける。とても上品なお味に感動。

CIMG1834.jpg細くさいてあるのは「くちこ」。
 珍味として重宝される「くちこ」の下には、ほんの少しもち米が敷いてある。お米と一緒にいただくと、思わず笑みがこぼれるほど美味しい。


hk3こちらのお店で一番感動したのは、この蛤のお吸い物。そのお味たるや、もう絶品!それにくわえ、器の美しいこと!こんなに美味しいものが食べられるのなら、うんと長生きしようと固く決心する。


hk5どうです?可愛らしくて素敵でしょう?3月も終わりとはいえ、「桃の節句」の月ですから、お雛様をモチーフにしたお料理なのです。緑の小鉢にある黒いものは、土筆を香ばしく揚げたものです。おやきの中は「あんこ」ではなく、からすみでした。


「日本料理は何かと手がかかります。お客様に季節を感じていただこうと思うたら、お料理だけやのうて、お道具ひとつにも、店の空間にも気を配っているつもりです」とお店のご主人がおっしゃる。
そう言われて気づいた。
盃ににごり酒といい、お酢の物が盛られたひし形の器といい、蛤のお吸い物といい、みな桃の節句を意識されていたのか!
「えー!?今頃、わかったん?」
友人はちょっと呆れ顔である。


hk6焼き物は白魚の塩焼き。この細い白魚を串に刺すとは!
「たいへんに細かいお仕事をされていますね」と言うと、ご主人はにっこり笑って「いや、まず串は別注になりますから」ということだった。



hk6そのほか、お刺身や煮物を感動しながらいただき、デザートは日向夏。ムースとゼリーの二層になっていて、最後の一口までさわやかだった。



「いや、ほんまに大満足やったわ、美味しかったわ」と友人に言うと
喜んでもらえてよかったわと言ってくれる。
よくよく聞けば、友人はもう長年このお店に通っているらしかった。
「ええご主人でな、カウンターに座ったお客さんが有名人であろうとなかろうと、どなたにも同じように接しはるんよ。」
昨夜につづき、また大阪料理人の意気を見せてもらったようで、お腹が何度も納得している。

「器も素敵やったね」
「そりゃそうやん、グラスはバカラ、魯山人の器も使うてはったやろ?」
「!!」
「器はご主人の趣味やねんて。火事になったとき、焼けた器が一番の損害やったって言うてはったわ」
いずれバカラか魯山人。
次回はもっと勉強してから行こうっと。

スポンサーサイト

【2007/04/04 18:51】 | 未分類 トラックバック(0) |


nesu
器に盛り付けからお味の方まで丹念に観察して堪能なされた様子にちょっぴりジェラシーを感じています。
いいな~

海のものの種類が少ない我がウチナーには珍しいものばかりで羨ましい限りです。
ただ・・お粥はあったのにご飯は写っていない、
どんぶりメシは似合わないと判断されたのですか。(笑)

私には料理とご飯は切り離せないです。
旅館で”ご飯は何時お付けしましょうか。”と聞かれると
今、と答える人が圧倒的に多いでしょう、ウチナーンチュは。
美味しい肴や料理でもご飯と一緒に食べるという習慣が身についているウチナーンチュです。

朝からミーグァッチー(見て楽しむだけのご馳走)しました。

管理人のみ閲覧できます
-



senju
nesuさん、こんばんは。
ようこそおいでくださいました。
私はご飯大好き人間です(3人家族なのに、2か月でお米30kg消費します)が、お酒も大好き。
寄る年波のせいか、お酒をいただくとお腹いっぱいになってしまいます。その割には、ちっとも痩せないのですが…
どうぞまた、いらしてくださいね!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
器に盛り付けからお味の方まで丹念に観察して堪能なされた様子にちょっぴりジェラシーを感じています。
いいな~

海のものの種類が少ない我がウチナーには珍しいものばかりで羨ましい限りです。
ただ・・お粥はあったのにご飯は写っていない、
どんぶりメシは似合わないと判断されたのですか。(笑)

私には料理とご飯は切り離せないです。
旅館で”ご飯は何時お付けしましょうか。”と聞かれると
今、と答える人が圧倒的に多いでしょう、ウチナーンチュは。
美味しい肴や料理でもご飯と一緒に食べるという習慣が身についているウチナーンチュです。

朝からミーグァッチー(見て楽しむだけのご馳走)しました。
2007/04/07(Sat) 07:01 | URL  | nesu #HZSwG7b.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/07(Sat) 17:33 |   |  #[ 編集]
nesuさん、こんばんは。
ようこそおいでくださいました。
私はご飯大好き人間です(3人家族なのに、2か月でお米30kg消費します)が、お酒も大好き。
寄る年波のせいか、お酒をいただくとお腹いっぱいになってしまいます。その割には、ちっとも痩せないのですが…
どうぞまた、いらしてくださいね!
2007/04/07(Sat) 22:52 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。