上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10日ばかり、ブログを休んでしまった。
3月10日に次男の受験があり、前回にブログを書いてから後の一週間は、私が試験を受けるわけでもないのに、パソコンの前に座ってもそわそわとお尻が落ち着かなかったからである。

吹雪いたりしたら困るなと試験当日のお天気を心配していたが、幸い、朝は多少冷え込んだものの、きれいに晴れた。
「勝つ」の意味をこめた「とんかつ弁当」を手渡すと、あれはなんというポーズなのか、次男は親指をぐっと立てて気合十分の意気込みを見せた。
心強いことと、安堵するもつかの間。
仕事をしていても時間ばかりが気になる。
9時を過ぎ10時になり、今は数学の試験か、苦手な証明問題は解けたか。
地理はどうだ?中学受験前には、北海道の小樽を「こだる」と読んだしなぁ
いやはや、母親とは因果な商売だと一人苦笑することしきりである。

はらはらそわそわの一日を終えて帰宅すると、次男は喉から手が出るほど欲しかったゲームを買いに行くという。
ゲーム命のこの息子。
去年の夏からゲーム断ちをして、今日は晴れての解禁日なのである。
弾け飛ぶように出かける姿に送る言葉、忘れてもらっては困る、今日は私にとっても解禁日なのだ。

というわけで、卒業式用に新調したスーツを予行演習と称して身にまとい、パンプスの音も軽やかに、美味いもんを食べに仙台へ行ってきました。
お目当ては仙台の国分町にある、京料理「萬み高橋」
去年の秋だったか、こちらのお店には「予約でいっぱい」とふられたことがあるので、今宵ばかりは用意周到、準備万端。
昼間はスーツで十分なくらい暖かだったのに、日暮れからオーバーコートなしではとてもいられないくらい冷えた町並みを歩き、ええ~?こんなところに和食のお店があるの?と目を疑う凱旋門風のビルの一階に、目指すお店はあった。

からからと格子戸を開けると、まずお香が鼻をくすぐった。
あらま、店内でお香を焚き染めるとは!
お料理に差し障りがないのかしら。
表の凱旋門とは裏腹に、純和風のきりりとした板前さんがお出迎えしてくださる。
どうぞと通された席は、都合8席の白木のカウンターであった。

半月盆が整然と並んだカウンターは清潔で凛とし、今にも木の香りがしそうなくらい真新しく見えた。
お掃除が行き届いているのはカウンターばかりではない。
カウンターから見渡せる調理場の磨きこまれていること!
細心の注意をはらっていらっしゃると感心したが、どういうわけか、カウンタ―の隅に千円札の入った広口瓶が置かれているのにはギョッとした。
すごーく生意気なことを言わせていただくが、こういうところは京都には絶対に無いと思う。

さてお料理。
お料理は、かなり「うふふ」でした。
親子そろって受験疲れなので、お料理の詳細は明日にということで、今宵はこれにて、ごめん!





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2006/03/12 21:27】 | 未分類 トラックバック(0) |

こだる?
寿司屋のおかみさん小話
あははは、すみません。senjuさん。笑ってしまいました。
小樽を、こだる?って読むのは最高ですわ。北海道の人には思いつかない新鮮なギャグです。それにしても、受験だったのですね、お疲れ様でした。息子さんもよく頑張りましたね。こだるは、いい思い出になるでしょうね♪


つかぼう
実は私も昔。。。。。

そう読んでました一人です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こだる?
あははは、すみません。senjuさん。笑ってしまいました。
小樽を、こだる?って読むのは最高ですわ。北海道の人には思いつかない新鮮なギャグです。それにしても、受験だったのですね、お疲れ様でした。息子さんもよく頑張りましたね。こだるは、いい思い出になるでしょうね♪
2006/03/20(Mon) 12:33 | URL  | 寿司屋のおかみさん小話 #-[ 編集]
実は私も昔。。。。。

そう読んでました一人です。
2006/04/01(Sat) 20:43 | URL  | つかぼう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。