上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は悲鳴をあげるほどの積雪ではないが、ここ数日はやたら冷え込んでいる。
最高気温がマイナスの、いわゆる真冬日が続いているのである。
町中に積もった雪でさえパウダースノー。スキーヤーが喜ぶ雪なのだそうだ。
先日、北海道ではマイナス33度を記録したとかで、凍ったバナナで釘を打っている映像が流れていた。

雪に覆われて寂しい気持ちになりがちな東北の冬だが、この時期ならではの楽しみがある。その最たるものが、なんといっても寒鱈!
柔らかく淡白な身は、昆布〆にするととても美味しい。
今日も今日とて、庄内浜で獲れた新鮮な鱈が手に入ったので、さっそく昆布〆を作った。
作ったといっても、生の鱈の身を昆布で包むだけのこと。
なればこそ、素材の良さがものをいう。
ちょっとお高いけれど、昆布は羅臼昆布を使う。ケチってお手軽な昆布を使うと、出来上がりに各段の差が出てしまうからである。
もったいない!とおっしゃるなかれ。使った後の昆布は、佃煮になって息子たちのお弁当で活躍してもらっている。
あともう一つ。この辺りには雪菜という野菜がある。
名前のとおり、茎が白く、葉もうっすらと緑がかっている程度。
白くなるように、雪をかぶせるのだそうだ。
雪菜は「ふすべ漬け」が美味しいのだが、これが難しい。
寸切りにした雪菜を笊にとり、熱湯に数秒つけて引き揚げ、上下を返してはまた熱湯につける。この動作を数回くりかえした後、お塩を振り、密閉して冷蔵庫に入れておくだけ。
味付けは塩だけなのに、わさび漬けのようなピリッとした辛みをもつシャキシャキの浅漬けになるのである。
毎年チャレンジして、成功したのは「ふすべ漬け講習会」に行ったときの1回だけ。
家で講習会で習ったとおりにしてみても、雪菜は辛くならず、ただの湯がき菜になってしまうから憎らしい。

冬の東北は美味しくて、謎めいていて、私の好奇心を大いにかきたててくれる。
軒下の氷柱だって、こんなにきれいなのです。

trr1

スポンサーサイト

【2008/01/20 21:47】 | 未分類 トラックバック(0) |

いーな~
mikko
今晩は、senjuさん。
senjuさんの文章を読んでいると、生活を楽しんでいるというか、日々の生活を大事に過ごされているのが伝わってきて、読んでいるこちらまでなんだか楽しい気分になってきます。
楽しむどころか、生活に追われている私ですが、見習って日々の暮らしの中にも楽しい事を見つけるようがんばります!

No title
senju
mikkoさん、こんばんは。
私には過分のお言葉、恐れ入ります。
私の毎日は余裕なんて皆無に等しく、ヒーヒー言いながら仕事や家事を片づけているといった感じでしょうか。
目指すは、上品で可愛げのあるオバサマ。ベタな大阪のオバチャンには高すぎる目標です。

No title
ゆう
こんにちは。
ホントに寒いですよね。(こちらは雪は降っていないのですが、やっぱり寒いです)
それにしても見事な氷柱です。子供の頃は見かけていたのですが、最近は見かけないです。やはり温暖化がすすんでいるのでしょうか。

senjuさんのブログを読んで、ず~~っと「寒鱈」が気になっていました。昆布〆・・・美味しそうですね。こちらでも冬になると鱈の白子や冷凍していない切り身は見かけるのですが、一尾で売っているのは見たことがないです。切り身から想像すると、大きいお魚なのでしょうか。たらこは明太子として福岡の名産になっているので大好物なのですが、親の姿を見たことないのも不思議な気持ちです。
雪菜も気になります。
いろんな地域の食文化を知ると、日本って狭いようで広いなと実感します。

No title
senju
ゆうさん、こんばんは。
私も大阪に住んでいたころは、鱈のお刺身なんて食べたことありませんでした。
魚屋さんで売られていた鱈は、いつも生とは限らず、どうかすると一塩の鱈でしたから。
ゆうさんのおっしゃる「たらこ」はスケトウダラの卵ですね?
寒鱈は大きな真鱈ですから、卵も「たらこ」よりうんと大きいです。
鱈の大きさは、お粗末ながら私のブログの2006年2月4日で紹介しています。
よろしければ、ご覧になってください。
たらふく食べるという言葉のとおり、鱈はすごく食べる魚であるらしく、そのせいか大味なイメージが強いのですが、厳しい冬の日本海で獲れた鱈は身がしまって美味しいのです。
私は佐賀呼子の烏賊が気になって仕方ありません。
こうなったら、ゆうさんと私、それぞれ九州と東北の「食の親善大使」となって交流を図ってみるというのはどうでしょう。
面白いかもしれませんね!


No title
ゆう
こんばんは。

2006年のブログを拝見しました!!真鱈は、とても大きな魚ですね。ビックリしました。昆布〆・・・やはりお刺身で食べるんですね。鱈=お鍋ってイメージでしたのでピンときませんでした。
明太子の親は違うお魚だったようで・・・(^^;)恥ずかしいです。大きさもずいぶん違うようなので、真鱈のたらこはとても大きいんでしょうね。食べ応えがありそう。味も似ているのでしょうか。

呼子の烏賊、とっても美味しいです。剣先イカ・ヤリイカが多いようですが、季節ごとに違う烏賊が楽しめるようです。私は、刺身の後のげその天ぷらが一番好きかもしれません。

それぞれ九州と東北の「食の親善大使」となっての交流・・・素敵なご提案です。九州の美味しい食材を見つけますv-407





No title
ゆう
申し訳ありません・・・。最後の絵文字、笑顔マークと思って使ったのですが、泣き顔にもなるんですね。使い慣れなくて、失敗しました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いーな~
今晩は、senjuさん。
senjuさんの文章を読んでいると、生活を楽しんでいるというか、日々の生活を大事に過ごされているのが伝わってきて、読んでいるこちらまでなんだか楽しい気分になってきます。
楽しむどころか、生活に追われている私ですが、見習って日々の暮らしの中にも楽しい事を見つけるようがんばります!
2008/01/23(Wed) 23:36 | URL  | mikko #-[ 編集]
No title
mikkoさん、こんばんは。
私には過分のお言葉、恐れ入ります。
私の毎日は余裕なんて皆無に等しく、ヒーヒー言いながら仕事や家事を片づけているといった感じでしょうか。
目指すは、上品で可愛げのあるオバサマ。ベタな大阪のオバチャンには高すぎる目標です。
2008/01/24(Thu) 22:19 | URL  | senju #-[ 編集]
No title
こんにちは。
ホントに寒いですよね。(こちらは雪は降っていないのですが、やっぱり寒いです)
それにしても見事な氷柱です。子供の頃は見かけていたのですが、最近は見かけないです。やはり温暖化がすすんでいるのでしょうか。

senjuさんのブログを読んで、ず~~っと「寒鱈」が気になっていました。昆布〆・・・美味しそうですね。こちらでも冬になると鱈の白子や冷凍していない切り身は見かけるのですが、一尾で売っているのは見たことがないです。切り身から想像すると、大きいお魚なのでしょうか。たらこは明太子として福岡の名産になっているので大好物なのですが、親の姿を見たことないのも不思議な気持ちです。
雪菜も気になります。
いろんな地域の食文化を知ると、日本って狭いようで広いなと実感します。
2008/01/29(Tue) 17:28 | URL  | ゆう #-[ 編集]
No title
ゆうさん、こんばんは。
私も大阪に住んでいたころは、鱈のお刺身なんて食べたことありませんでした。
魚屋さんで売られていた鱈は、いつも生とは限らず、どうかすると一塩の鱈でしたから。
ゆうさんのおっしゃる「たらこ」はスケトウダラの卵ですね?
寒鱈は大きな真鱈ですから、卵も「たらこ」よりうんと大きいです。
鱈の大きさは、お粗末ながら私のブログの2006年2月4日で紹介しています。
よろしければ、ご覧になってください。
たらふく食べるという言葉のとおり、鱈はすごく食べる魚であるらしく、そのせいか大味なイメージが強いのですが、厳しい冬の日本海で獲れた鱈は身がしまって美味しいのです。
私は佐賀呼子の烏賊が気になって仕方ありません。
こうなったら、ゆうさんと私、それぞれ九州と東北の「食の親善大使」となって交流を図ってみるというのはどうでしょう。
面白いかもしれませんね!
2008/01/30(Wed) 22:47 | URL  | senju #-[ 編集]
No title
こんばんは。

2006年のブログを拝見しました!!真鱈は、とても大きな魚ですね。ビックリしました。昆布〆・・・やはりお刺身で食べるんですね。鱈=お鍋ってイメージでしたのでピンときませんでした。
明太子の親は違うお魚だったようで・・・(^^;)恥ずかしいです。大きさもずいぶん違うようなので、真鱈のたらこはとても大きいんでしょうね。食べ応えがありそう。味も似ているのでしょうか。

呼子の烏賊、とっても美味しいです。剣先イカ・ヤリイカが多いようですが、季節ごとに違う烏賊が楽しめるようです。私は、刺身の後のげその天ぷらが一番好きかもしれません。

それぞれ九州と東北の「食の親善大使」となっての交流・・・素敵なご提案です。九州の美味しい食材を見つけますv-407



2008/02/03(Sun) 19:00 | URL  | ゆう #-[ 編集]
No title
申し訳ありません・・・。最後の絵文字、笑顔マークと思って使ったのですが、泣き顔にもなるんですね。使い慣れなくて、失敗しました。
2008/02/03(Sun) 19:06 | URL  | ゆう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。