上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年の春から、私は隣組の組長さんをしている。
任期は一年だから、今年の3月にはお役御免になるのだが、この雪の中でも回覧板や広報の配布に忙しい。
2月3日には隣組の編成についての会合が予定されており、その準備に何かと心を砕いているつもりである。
私の隣組では会合と飲み会がセットになっている。
せっかくの休日を返上して来てくださる方々に、なるだけお酒を楽しんでいただきたいのだが、あいにく予算が厳しい。
考えた挙句、私は肴におでんを用意することに決めた。

金曜日の夜あたりから煮込みの準備に入りたいので、練り製品を買いにスーパーに出かけた。
おでん材料をバラ売りしているコーナーに行き、ごぼう巻き(大阪ではごぼ天という)を買おうとして、はたと考えた。
バラ売りされている商品は、賞味期限の書かれた袋に入っていない。
隣組の人たちに食べていただくわけだから、これはお店の人に確認しておく必要がある。
ちょうど通りかかったお店の女の子に、私はすぐさま「これ(おでんの材料のこと)の賞味期限はいつですか」と訊いた。
 女の子A「……」
 女の子B「うーん、一週間くらいかな」
 女の子A (頷く)
 私「今日から一週間ってことですか」
 女の子B「っていうか、入る日がバラバラなので、どれがどれだか」
 私 (黙って、袋に入れたごぼう巻きを元に戻す)
 女の子A,B (嫌な顔をする)
これだからオバサンって嫌い!と思われたかもしれないが、賞味期限改ざんや食材の偽造が取り沙汰されているというのに、あまりにもずさんではないだろうか。
お店の女の子は、分らなければ担当者に訊きに行くという機転を利かせないといけないのじゃないか。だって、社会人でしょ?

家に帰ってニュースを観れば、冷凍ギョーザで食中毒が起こったと報じていた。
企業は利益を追求する。それは企業の良心がベースであるべきことは言うまでもないが、消費者も食に対する意識をもっと高めなくてはいけないのではないだろうか。

今日の本。
 「死者の奢り・飼育」 大江健三郎・著
 新潮文庫
お昼御飯に手を抜きたいとき、この作者の本は読まないことにしている。お気軽にファーストフードなんてできなくなるから。鳥肌が立つほど凄い!と思うけれど、軟弱な私は、読後やたら疲れてしまう。
 「おとうと」 幸田文・著
現在、熟読中。この人の作品、いいなぁ。


スポンサーサイト

【2008/01/30 23:45】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。