上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の初めに「おかん、今度の日曜日はゆっくり遊んできてええで」
と長男が言う。
おや、「母の日」のプレゼントってわけ?
「うん、そうそう。晩御飯の心配はせんでええから、ゆっくりしといでや」
なんとも嬉しいことを言ってくれる。
それではお言葉に甘えまして、以前から行ってみたかった「閖上(ゆりあげ)の赤貝」を食べに行くことにしましょう。

「閖上の赤貝」を知ったのは、東京に行くと必ず立ち寄るお寿司屋さんでのことだった。
座布団のように肉厚な身、あの独特な香りとちょっとブラッディーなお味。
「美味しい赤貝ですね。どこの赤貝ですか?」
「閖上です」
聞けば、閖上の赤貝は日本一なんだそうな。
その上、私の住む所からそう遠くもない。
行かなくっちゃ!
ずっとそう思いながら、今までうっちゃってきたのです。

長男の言葉にすっかり気をよくして友人を誘い、彼女の車で二時間も走れば、目指す閖上に着いた。
地元の人が薦めてくれたお店はこちら。


CIMG0526.jpg


店内は広いが、壁に「本日のおすすめ」がべたべたと貼り付けてある、いわば一般的な居酒屋風だった。
小上がりに通されて、早速注文したのは、もちろん「赤貝のお刺身」

CIMG0524.jpg


どうです?美味しそうでしょう。
とくに赤貝のひもが大好きな私。
貝柱とともにコリコリと頂くと、口いっぱいに広がる赤貝の香りがたちまちに私を魅了した。
続いて、こちらの近海でとれた魚を使ったお鮨の登場。


CIMG0525.jpg


添えてある大きな丼は「あら汁」で、魚のアラだけでなく、小さな毛蟹のぶつ切りが入っていたりして、私をちょっとお得な気分にさせてくれた。
お味は魚の旨みそのもので、お味噌は控えめ。ああ、美味なり!

帰り道、いつもならスーパーに寄るところだが、本日は「母の日」の約束せしことありなん。
内心ひやひや、家に帰ると
こんなお料理を作ってくれていました。


CIMG0528.jpg


あらま、ハンバーグ!
つなぎのパン粉は牛乳に浸したのか、タネはキャッチボールにして空気抜きをしたのか。
「玉ねぎは、あめ色とまではいかんでも、かなり炒めたで」
どうやら、「きょうの料理」のレシピを参考に、無骨な手で兄弟二人が作ってくれた様子であった。
ちょっと、うるうるしながら食べたハンバーグは多少固めだったが、なかなかのものだった。
はいはい、オヤバカかとは思いますが、いい「母の日」でした。

スポンサーサイト

【2006/05/14 23:14】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。