上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう25年以上も前になると思うが、TVのCMで「でっかいどう、北海道」というフレーズが流れていた。
その時以来、私はずっと北海道に行ってみたかった。
あまり大きな声で言いたくないが、私は去年の12月に50歳となり、晴れてJR東日本の「大人の休日倶楽部」に入会した。
その特典というか恩恵というか、6月は3日間JRが乗り放題で、北は函館、西は金沢まで行ける。
ずっと北海道へいってみたかった私は、数年前から会員である友人と連れだって行ってきました、函館へ!

6月20日、苦手な早起きもなんのその、いそいそと新幹線、スーパー白鳥と乗り継いで函館駅に着いたのはお昼1時過ぎ。
お天気は薄曇り程度でまずまず。暑くもなく寒くもなく。
まず目を引くのは、駅前の市場である。
ずらりと並ぶお店のイケスには、大きなタラバガニが芋の子を洗うようにひしめきあっている。
毛ガニが所せましと並べられているのを見ると、ああ念願の北海道に来たんだなぁと実感した。
どのお店にも「活イカ刺身」と書かれた紙が貼られていた。
魚は獲れたてがいいとは限らないものがあるが、烏賊は新鮮であればあるほど美味しいと聞いている。
「活イカ、絶対食べた方がいいよ」
函館には何度か来ているという友人も勧めてくれる。
なれば、一刻も早く荷物をといてしまいたいというもの。
市場の人たちの賑やかな呼び込みの声を振り切って、小走りにホテルへ向かった。

今夜は遊び疲れのため、美味しい話は明日に持ち込みます。




スポンサーサイト

【2008/06/22 22:45】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。