上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本は猛暑日が続いていると聞く。
雨の少ない梅雨だったうえの猛暑だから、より厳しい夏になるのではと心配している。
子どものころ、夏になると、必ずテレビで怪談が放映された。
「四谷怪談」「番町皿屋敷」「牡丹灯籠」などなど、ひゅーどろどろの音も恐ろしく、「うらめしや~」とお岩さんやお菊さんがでてくると、目をとじ耳を掌で覆うのだが「怖いもの見たさ」でちらりとみてしまう。
ちらりと見た場面が、ちょうどクライマックスだったりすると、夜中には一人でお手洗いに行けなくなってしまうのだった。

私は映画が大好きで、ジャンルを問わずなんでも観るが、邦画のオカルト系は絶対に観ない。
洋画はオカルトであろうがホラーであろうが割合に平気だが(シックスセンスでベッドの下にいた女の子は怖かった)、邦画のおどろおどろしいのは恐い。いい年をして、息子たちに「お手洗いについてきて」とは言えないから、観ないにかぎるのである。

もう随分前のことになるが、親友の一人が、「昨夜、かなしばりにあった」と電話をしてきたことがあった。
私は恐がり屋なので、それ聞いただけでもビビっているのに、足元をみれば彼女に思いを寄せたまま
事故で亡くなった先輩がしがみついていたという。
「なにやってんの!って叱りとばしたら、スッとかなしばりがとけたわ」
以来、私は非常に彼女を尊敬している。

夏の定番、「きもだめし」なんぞはもってのほかである。
ためしてもらわなくても、うんと肝っ玉が小さいことは本人が自覚している。
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」
あいにく、そんな余裕は持ち合わせていない。






スポンサーサイト

【2008/07/27 20:36】 | 未分類 トラックバック(0) |


ゆう
こんばんは。
ご無沙汰しております。
ここ西日本は・・・相変わらず猛暑が続いてます。
家計にも環境にもエコと思い、クーラー無しの生活を続けておりますが、そろそろ限界かもしれませんv-388
「四谷怪談」「番長更屋敷」等々・・・私はけっこう好きでした。なので夏は楽しみだったのですが、夫はとっても恐がりで、怪談で夏の涼をとることは難しそうです。



-
ゆうさん、こんばんは。
西日本の暑さは、半端ではないようですね。
東北は夏のエコはできても、冬のエコに努力できるかどうか自信がありません。
ガス屋さんから(灯油もこちらで買っています)、「今年の灯油は1ℓ150円くらいになりますよ」と言われて、肝を冷やしています。
日本の怪談は、おどろおどろしいけれども、妖艶で物哀しくて捨てがたい魅力があると思います。
その魅力を満喫する度量は、残念ながら持ち合わせていないのですが。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
ご無沙汰しております。
ここ西日本は・・・相変わらず猛暑が続いてます。
家計にも環境にもエコと思い、クーラー無しの生活を続けておりますが、そろそろ限界かもしれませんv-388
「四谷怪談」「番長更屋敷」等々・・・私はけっこう好きでした。なので夏は楽しみだったのですが、夫はとっても恐がりで、怪談で夏の涼をとることは難しそうです。
2008/08/03(Sun) 20:57 | URL  | ゆう #-[ 編集]
ゆうさん、こんばんは。
西日本の暑さは、半端ではないようですね。
東北は夏のエコはできても、冬のエコに努力できるかどうか自信がありません。
ガス屋さんから(灯油もこちらで買っています)、「今年の灯油は1ℓ150円くらいになりますよ」と言われて、肝を冷やしています。
日本の怪談は、おどろおどろしいけれども、妖艶で物哀しくて捨てがたい魅力があると思います。
その魅力を満喫する度量は、残念ながら持ち合わせていないのですが。
2008/08/03(Sun) 22:44 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。