上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーワールドカップ、初戦は残念な結果だった。
国内はもちろん、ドイツまで応援に駆けつけたサポーターは、日本が先制点をあげていただけに、かなり悔しい思いをなさったことであろう。
しかし、何と言っても選手たちが一番悔しい思いをしたのに違いないのだから、とにかく気持ちを切り替えて頑張って!と応援するばかりである。

しかし、このワールドカップの宣伝効果は心底凄いと思う。
サッカーにまったく興味の無い私でも、試合放映にチャンネルを合わせるし、
「侍ブルー」なんて単語も知っている。
また、長男の大学生協では「××大学ロト」という代物を発売したらしい。
一等は「格闘技観戦チケット」
次男が「それ、かなりええやんか!」と乗り気になると
長男が言う。
「二等は『××大学生協食堂1000円券』やで。一等賞にお金をかけすぎたんやろな」
素人に裏事情を悟られるようでは、生協もやるせないに違いない。

しかし、私はなんといってもプロ野球が大好き。
ワールドカップのおかげで、最近はメディアでの影がちと薄い(ような気がする)のが、気に入らない。
大阪出身の私は、判で押したごとく「阪神ファン」である。
満員御礼の甲子園の入場口で、小学校5年生の長男の手をひき、5歳の次男をおんぶして、二枚しかないチケットを提示しながら
「これこのとおり、下の子は試合中ずっとおんぶしていますから、中へ入れて頂戴」と懇願したこともあったくらいである。

お、阪神はセ・リーグトップかい?ま、当然かな
と巨人ファンの多い東北で、何気なく呟いているようにみせては、こっそり薄ら笑いを浮かべている今日この頃である。
今年こそは日本リーグを制して、名実ともに日本一に!
太田さん、道頓堀川の清掃をしっかり頼んまっせ!

サッカーであれ野球であれ、いずれにせよ、ファンの心意気熱ければ、選手の意気もあがろうというもの。
明日の仕事に支障をきたしてはいけないけれど、熱き思いを大いにぶつけようではありませんか!

スポンサーサイト

【2006/06/13 23:17】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。