上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ今日は長男の引っ越し。
心配していた台風も逸れて、快晴とまではいかないが、まずまずのお天気だった。
朝から次男と仙台へ向かった。
長男の新居までJR、バス、地下鉄と乗り継いでの片道2時間余り、2DKのマンションは思ったよりも広い。
引っ越し代は低予算のため、引っ越し業者にはお願いせず、荷物はすべて宅配便で持ってきてもらうことにしていた。
ブラウン管の大型で、重量50kgを超えるテレビを受け取ったとき、息子たちは二人とも「腰が抜けそうや」と言ったが、お昼ごはんを食べたころまでは、まだまだ3人とも元気そのもの。
冗談を言い合っていたのだが、午後から玄関チャイムがひっきりなしに鳴り、
「宅急便です。荷物を34個お持ちしました」「ゆうパックを6個お持ちしました」「佐川急便です・・・」
といった具合で、部屋はあっという間に段ボールの海と化した。
夕方4時を過ぎる頃になっても、一向に荷物は片付かず、3人とも段々口数が減ってきた。

「今日のうちにこれだけはしておかないと、というのは何?」と長男に訊くと、テレビ台の組み立てとテレビの据え付けだという。
たしかに、50kgを超える重さのテレビを一人で持ち上げることはできないだろう。
部屋中に広がっている段ボールをあっちにやりこっちにやりして作業スペースを作り、3人でテレビ台の組み立てに乗り出した。
が、どこを探しても組立説明書がない!
「不良品とちゃうの?!」
「そうやとしても、とにかく組まんとあかんやろ!」
疲れが出てきたせいか、お互いの言葉がちくちく尖りだす。
部品をパズルのように合わせて、いざ木ねじを締めようかという段になって、長男が言った。
「ドライバー、荷物に入れるのを忘れた!」
慌てて100均へ走り、ドライバーを買って、無事にテレビを据え付けたのは夕方6時前のことだった。
「今晩、ここで寝られるの?」と心配になったが、帰りはまた2時間余りかかるのである。
キリがないからと、結局7時前に次男とマンションを後にした。

帰りのJRの中で、あまりに船を漕ぎすぎて目を覚ますと、隣で次男が大きく口を開けて寝入っていた。

スポンサーサイト

【2008/09/21 00:15】 | 未分類 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



ゆう
こんばんは。senjuさん。

大変申し訳ありません。
同じお名前だったので間違って違う方に宛てたコメントを貼り付けてしまいました。
個人名もありますし、誤解をされるかも知れませんので、削除をお願いいたします。
おっちょこちょいの私で、ほんとに恥ずかしいです。
ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/21(Sun) 23:26 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/22(Mon) 22:38 |   |  #[ 編集]
こんばんは。senjuさん。

大変申し訳ありません。
同じお名前だったので間違って違う方に宛てたコメントを貼り付けてしまいました。
個人名もありますし、誤解をされるかも知れませんので、削除をお願いいたします。
おっちょこちょいの私で、ほんとに恥ずかしいです。
ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
2008/09/28(Sun) 23:45 | URL  | ゆう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。