上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場で一緒に仕事をしているNさんは、パソコンを買ったばかり。
インターネットを楽しむぞ!と期待していたが、どうも上手くいかないらしい。
早めに取り組んでいる年賀状の印刷も思うようにいかなくて、「もうやんだく(いやに)なってきた」と言う。
Nさんには二人の子供さんがいる。
小学校3年生と4年生の、男の子と女の子で、とても可愛らしい。
スーパーで初めて会ったとき、二人して大きな声で「こんにちは」とあいさつしてくれたことが忘れられない。
せっかくパソコンを買ったのだから、Nさんも二人のお子さんたちも楽しめるようなサイトを紹介してあげてはどうか。
パソコン素人の域をでていないくせに、私って本当におせっかいと思いつつ、NORADのサンタクロース追跡はどうかしらん。

ご存じの方も多いと思うが、以下はウィキペディアより引用。

「ノーラッド・トラックス・サンタ」
ノーラッドはノーラッド・トラックス・サンタ(NORAD Tracks Santa)として、毎年サンタクロースを追跡している。冷戦の真っ只中の1955年からコーナッド(CONAD、中央防衛航空軍基地)が開始したものを受け継ぎ、2004年で50周年を迎えている。

コロラドにある大手スーパーのシアーズ (Sears) が子供向けにサンタクロース・ホットラインを開設したときの広告に、間違えた電話番号を載せてしまったのが始まりである。その番号は当時のCONADの司令長官へのホットラインだった。子供からの電話に司令官ハリー・シャウプ大佐が「レーダーで調べた結果、サンタが北極から南に向かった形跡がある」と回答して以来の恒例行事になったと言われる。

1998年より、毎年クリスマス時期に、サンタクロースの出発を「偵察衛星で確認」、その飛行を「レーダーで追跡」し、戦闘機をカナダのユーコンからメキシコのメキシコ・シティーまで飛ばして「サンタを追跡」する。公式ウェブサイトでは、クリスマスイブの夜中から追跡の模様を中継している。 また、2006年の日本地域の中継により、新幹線や富士山と比較し速度検証した結果、サンタクロースの速度は新幹線の100倍と言及している。 現在は、グーグルアース上で現在位置追跡をストリーミング表示も行っている。サイトはwww.noradsanta.org。シーズン以外は休暇中のサンタの画像が出ている。
                          (以上 ウィキペディアより)

私は去年初めて見たのだが、いい年のオバサンでも嬉しくなった。
幼い子供がみたら、どれほど喜ぶだろうか。
世界恐慌の震源地アメリカ、何かと問題多きお国柄(日本も余所様のことを言えた義理ではないが)
だが、こういったユーモアはすごく素敵だと思う。
日本の防衛省に、こういったユーモアはあるかしら?

スポンサーサイト

【2008/12/02 23:11】 | エッセイ トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。