上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが社の夏の超繁忙期が、やっとピークを越した。
おまけに、さしもの長梅雨もゴールが見えてきたようで、職場ではお盆休みはどうするかとか和やかな話題が上がるようになってきた。
私が所属するチームは25歳独身の元気な女の子を除いて、全員主婦である。
中には三世帯同居、長男の嫁という肩書きの人がいて、お盆にはどっと帰省してくる親族のお世話におおわらわで、「仕事のほうがよほど楽」と仰る。
それもそのはず、朝昼晩の三食の用意と後片付け、お風呂周りの世話にお布団の上げ下げ等々が、長男の嫁の薄い肩に一気にのしかかるという。
お盆であろうがなんであろうが、気楽な生活をしている私なんぞには、とても真似できそうもない。
しかしながら、去年のお盆の夕暮れ時に、我が家の近くにある墓地へご家族おそろいでお参りしていらっしゃる情景を目にした時は、心底羨ましいと思った。

おじいちゃん、おばあちゃんが孫の手を引いて先頭をのんびり歩き、その後を若夫婦が墓前に供えるお花を手にゆっくりついていく。
蜩が「カナカナ」と鳴き、芙蓉が「涼」を運んできた風に揺れている。
おじいちゃんが笑っていらっしゃるところをみると、お孫さんは無邪気なことを言ったのだろうか。
こちらからは、おばあちゃんの後姿しか見えないが、彼女はきっと優しく微笑んでいらっしゃるにちがいない。
長い間のご苦労はこの一時で報われるかと思われるほど、老夫婦は暖かで満ち足りているようにお見受けした。

「今は大変でも、穏やかな老後が待ってるやん?」
去年のお盆の情景を思い出して、私がそう言うと
「それはそうかもしんねぇけんどよぉ、嫁だってちょっとはゆっくりしたいべぇ」
そりゃそうだ。
何十年先の安泰を築くための毎日も大切だが、目の前に迫っている「お盆戦線」に立ち向かうお嫁さんは英気を養う必要がある。
英気が養えるかどうかは怪しいものだが、今週の土曜日、我が家で「飲み会」をすることになった。

ワイワイと大勢で食事をするのは大好きだが、日ごろから職場では「美味しいもの大好き!」で名を売っている私。
しかも「食いだおれ大阪」の出身であるから、プライドもあれば意地もある。
わざわざお運びいただいた職場の仲間に「あら、美味しいね、これ!」と言わせなきゃ、格好がつかない。
職場では土曜日の「飲み会」を単に楽しみにしていると涼しい顔をしているが、その実、愛読書である「四季の味」のバックナンバーから今期号まで全部引っ張り出し、レシピを読み漁っては献立を練っている。
さぼってばかりのお掃除もしなくては!
さてさて、土曜日はどうなることやら

スポンサーサイト

【2006/07/27 23:21】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。