上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形県米沢市といえば米沢牛が有名だが、他にも美味しいものはいっぱいある。
お蕎麦も、その一つ。
私はお蕎麦が大好きなので、いろいろ食べ歩いたが、米沢で一番のお気に入りは「蕎酔庵(きょうすいあん)」

yn1


こちらのお店はご家族で経営されていて、お蕎麦は居宅の階下でいただくのだが、いかにもお店といった内装ではない。
普通のお家の二間続きの和室に、座卓が置かれている。
こういうスタイルは大阪ではお目にかかったことがなかったので、こちらへ来た当初はびっくりしたが、米沢では珍しくない。
米沢には畳敷きのだだっ広い部屋に、座卓が並んでいる焼肉屋さんだってあるのだ。

蕎酔庵のお蕎麦は、通常は二八、別オーダーになるが十割も打ってくれる。
十割蕎麦には、アルカリイオン水と塩がつく。
これはお品書きの脇に書いてある「そばにチョット塩をふりかけたり、水そばにしてご賞味くださいませ 店主」の心遣いなのだ。

yn2この日いただいたのは三浄そば。とろろ、なめこ、天ぷらの三種類が楽しめるお蕎麦で、あれこれ食べたい私にはぴったりなのだ。お蕎麦は細めで、ゆで加減といい、そばつゆとの相性といい、お店のご主人の律儀さがうかがえる。
天ぷらはさすがプロ!とは言い難いのが残念だったが、とろろ蕎麦がすごーく美味しかった。

もうひとつ、蕎酔庵で特筆することは、お客への対応の良さだ。
控え目ながらも、とにかく丁寧で、お客はお腹も気持ちも満足する。
去年、ご主人が体調を崩されて、しばらく休業の時期があった。
今年は健康に留意して、これからも美味しいお蕎麦を食べさせてもらいたい。





スポンサーサイト

【2009/01/10 22:21】 | エッセイ トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。