上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は母の日。
朝早くから出かけていた次男は、夕方帰ってきたと思ったら、「友達のところへ行ってくる、泊まりになるから」と晩ごはんも食べずに再び出かけて行った。
今日は母の日なのに……。茶の間にぽつんと一人、なんとも侘しい夕餉である。
あまりの静けさに、普段はめったに見ることのないバラエティ番組にTVのチャンネルを合わせたが、
出演者が何を言っているのか、さっぱり分からない。
おぜんざいの甘さを引きたてるためにひとつまみのお塩をいれるのと同じで、大げさにも聞こえる観客の笑い声が、余計に我が家の静けさを引きたてる。
いつの間にやら、背中を丸めて、泳ぐような眼でテレビを観ている……ど、独居老人そのままではないか!

と、そこへ宅急便屋さんが荷物を届けてくれた。
送り主は長男である。
文庫本サイズの包みをといてみると、

SK0510

私の大好きな斎藤清の作品集!嬉しい、どうもありがとう!
1ページ1ページがポストカードになっている。
素直にお便りに使ってもいいけれど、正直なところ、もったいなくて使えない。
とくにお気に入りの作品をフレームに入れて、壁に飾りたくなった。
長男から譲り受けた部屋は、いまだに恐ろしく殺風景なのである。

テレビの電源を切り、最近はまっているシンプル・プランを聴きながら作品鑑賞とあいなった。
あ、この作品いいなぁ、これも素敵!
最終ページをめくると、長男からメッセージカードが入っていた。
「おかん、いつまでも元気で」
さっきまで独居老人さながらであったにもかかわず、なんだか老人扱いされているようで面白くない。
心配せんでも、口は達者、身も達者な浪花のおかん健在です。



スポンサーサイト

【2009/05/11 21:49】 | エッセイ トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。