上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学3年の長男が、残りわずかな夏休みを利用して旅行したいと言う。
彼は8月に入ってからも、バイトだ集中抗議だと休まず大学に通い続けていたので、私も大賛成した。
どこへ行くのかと訊いてみると、風の向くまま気の向くままとキザな返事が返って来た。
我が家の経済から考えて、長男が優雅な旅行を楽しめるとは思えない。
「で、どうするの?ホテルの予約は?旅費は?」と、口だけは精一杯だす私。
「大丈夫やって!『青春18きっぷ』でいくから」
JRが発売しているこの切符、期間限定で快速・普通列車の自由席なら1日乗り放題。5枚つづりの回数券みたいなもので、価格は11500円也。

よくよく話を聞くと、手始めには東京へ、それから後はどこでも回れる限りは回って、最終的には奈良に住む親友たちと思いっきり呑むのだそうだ。
途中の宿泊は、カプセルホテルなどの格安で間に合わせるらしい。
「そんなホテル、布団にダニとかくっつているのと違う?」
「おかん、いつの時代の話をしてるん?心配しすぎやって」と呆れかえって言われる始末だった。

社会人になってしまえば、長期の休暇なんて、結婚するときか親が死んだときくらいしかない。
お決まりのお盆休みやお正月休みは、どこへ出かけても混雑を極める。
社会人が、自分のためにゆっくり旅行を楽しめるのは年金生活に入ってから。それとて、足が痛いだの、腰が痛いだのと存分に動き回れるとは限らないのである。
「せやからな、今のうちに旅行しときや。大学生の今だけやで」と、常々長男をそそのかしていたのは、他ならぬ私なのであった。

意気揚揚と出かけた長男を見送った直後から、お尻がそわそわと落ち着かない。
「可愛い子には旅をさせろ」と言うではないかと、わが身を戒める。
夜になって、いまだに夏休みの宿題が終わらない次男の背中をぼんやりと見ていると、私の携帯が鳴った。
「おかん、今、新宿やねんけどな、ネットで安い宿を調べてくれへん?」
もう!ちゃんと計画せえへんからやとか何とか文句を言いながらも、連絡が入って一安心した。
あー、親ばか。
どうやら、私も子離れの旅が必要なようである。

スポンサーサイト

【2006/08/26 23:09】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。