上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2泊3日で千葉県へ遊びに行っていた次男が帰ってきた。
予算ギリギリの次男は、中学時代の同級生のアパートに泊めてもらい、食事は「当分、麺類は食べたくない」くらい、カップ麺を含めてラーメンですませたようだ。
2泊3日の旅行をラーメンでしのいでは、しっかりとした食事を摂りたくなったのだろう、職場の昼休みに「肉と野菜をふんだんに食べたい」というメールをよこした。
息子とは可愛いものだと思うのは、こういう時である。

リクエストに応えて、今夜のおかずは豚ヒレ肉の一口カツ、大根菜と薄揚げの炊いたん(煮た物)、茄子と胡瓜の即席漬け、けんちん汁。
こちらのお箸が止まるくらいの猛烈な勢いで、ご飯を食べている次男の顔を見つめて気づいた。
「あれ、鼻に『でんぼ』できてるやん」
「『でんぼ』って何?」
「『おでき』のことや」
「吹き出物のこと?」
「いや、ちょっと違うな、そんな上品なものやないねん」
吹き出物に上品も下品もないのだが、『でんぼ』は先端に膿をもった、大きく赤く腫れた出来物で、
「たこの吸い出し」を使わないとどうしようもないというイメージがある。
次男の鼻の出来物は、わずかに膨れ上がった先がうっすら赤くなっている程度で、『でんぼ』然ではなかったが、近頃、枝雀師の落語を聴いているせいか、『でんぼ』がするりと口から出てしまったのである。

「あんまり、いらいなや」
大阪弁で、触ることを「いらう」という。
つまり、「吹き出物をあまり触らないように、でないと、ますます悪化させてしまいますよ」との意味を含めて次男に言った。
「うんうん、分かってる」と次男は軽く聞き流している。
面白くないので、ちっとビビらせてやりたくなった。
「鼻にできた『でんぼ』は、『めんちょ』って言うてな、危ないねんで」
「『めんちょ』?危ないって、何が危ないのん?」
「命に関わることもあるっていうことや」
「ふーん」

『めんちょ』という言葉の響きがいけない、どうも迫力に欠ける。
私が子供のころ、『めんちょ』が大きくなりすぎて、サイの角の縮小版みたいになっている子もいたのである。
しかし、赤く腫れあがって痛々しかったのが、いつの間にか普通の鼻に戻っていた。

ネットで調べてみると、抗生物質がなかった時代には、『めんちょ』から髄膜炎を併発して亡くなった方もあったようだ。
時代とともに、流行り病も変わる。
新型インフルエンザの毒性が強力でなさそうだとして、不気味感は否めないとしても、切羽詰まった感がない。
なんのかんのと言っても、疫病が脅威であったのは昔のこととどこかで高をくくってはいないか。
我が身に問いかけて、はたと首を傾げてしまう。



スポンサーサイト

【2009/09/17 21:29】 | エッセイ トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。