上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを始めて、大方1年になる。
休み休みであったにせよ、よくまぁ続いたものだと我ながら感心する。

流行の言葉でいうなら、モチベーションというのか、始めた頃は意気盛んで
あれも書こう、これも書こうと、さっさと家事を済ませてはパソコンの前に座り込んだものだった。
さていよいよ書くネタに困りだし、新聞やニュースに釘付けになった日々。
そうなれば、段々とブログを更新するのが重荷になってきた。

ブログはもともと気軽なものであり、私みたいに四角四面に考える必要はないのだろうと思う。
しかし、悲しいかな、お気軽お手軽を罪悪と感じる世代である私は、いくらそう自分に言い聞かせても、いざ書くとなれば2.3時間はうんうんと唸る始末なのである。

「毎日」は淡々と過ぎる。
朝6時から夜の11時頃まで、仕事と家事全般に追われては、1日が長いように思われるのだが、その1日1日が1年にまとまってしまえば、その速さに愕然とする。
そんな日々の隙間に思うことを書き綴れたら、あっという間に過ぎる時間の尻尾を捕まえることができるかもしれない。
捕まえた尻尾を手繰り寄せると、ささやかながら新しい発見があるのではないか。
そんな期待をブログにかけていた。

今までの記事を読み返してみると、穴があったら入りたくなるくらいお恥ずかしいものばかり。
それをネットに乗せて配信するなんて、どこの誰とはわからないIDだからこそできた芸当だと思う。
だったら、ブログじゃなくて、日記帳にでも書いて手元におけばいいじゃない?
そうそう、その通り!
しかし、難儀なことに、私は自分のブログをとおして「その気持ちわかるなぁ」と、どなたかの共感を得たいと思うようになってきたのである。

ちっとも増えない訪問者。
息子たちが笑うので、「いつも来てくれている人がいるもん!」と応戦すると
「おかんの友達やろ?サクラばっかりやん」と憎らしいことを言う。

よく見かける光景だが、賑やかな町の片隅に、人目につかぬ埃臭い小さな商店がある。
こんなものを売ってお商売になるのかしらと、疑いたくなるようなお店である。
お客さんが入っているのを見た試しがない。
どんな人が店主なのかさえも、分からない。
私はその店主だ。
ひがな1日、店の前を通り過ぎる人を眺めて、ちょっと諦め気分になっている。

おやおや、こんな時間。
愚痴をこぼしている場合じゃない。
明日も息子のお弁当を作らなくては。
おやすみなさい


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2006/09/06 00:32】 | 未分類 トラックバック(0) |


國東螢介
ブログ1周年おめでとうございます
私は一足お先に1年経ちましたが、いい加減でお気楽なままです^^;
書くことがないとき、気分の乗らないときは書かないをモットーにやっているせいか更新は不定期ですが、だからこそ続けられていると思い日々だらだらと書いております
これからちょくちょくと顔を出しますのでよろしくお願いしますね


senju
ご丁寧にありがとうございます。
「継続は力」なんて、都合のいい解釈ばかりして更新しているような次第ですが、これからも宜しくお願いします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ブログ1周年おめでとうございます
私は一足お先に1年経ちましたが、いい加減でお気楽なままです^^;
書くことがないとき、気分の乗らないときは書かないをモットーにやっているせいか更新は不定期ですが、だからこそ続けられていると思い日々だらだらと書いております
これからちょくちょくと顔を出しますのでよろしくお願いしますね
2006/09/08(Fri) 22:43 | URL  | 國東螢介 #-[ 編集]
ご丁寧にありがとうございます。
「継続は力」なんて、都合のいい解釈ばかりして更新しているような次第ですが、これからも宜しくお願いします。
2006/09/10(Sun) 19:24 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。