上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝、目が覚めると、障子窓の外が明るい。
米沢の冬はほとんど毎日どんより曇っているから、日差しがあると気持ちが軽くなる。
布団に入ったまま、今年に入って10冊目の本の続きを読む。
小川洋子作「ブラフマンの埋葬」。
小川洋子さんは、たしか、ブログにリンクを貼らせてもらっているあやこ3さんから薦められた作家だったと思う。
彼女の作品は「博士の愛した数式」「ホテル・アイリス」に続いて3作目になる。
静かで淡々とした表現の奥に、切なさや優しさや哀しさといった感情がつまっているといった印象を受け、
とくに「ブラフマンの埋葬」は外国小説のように思わせる。
好きな本を読み、目が疲れたら、本をお腹の上に置いてまどろむ。
日差しのせいか、それとも気温が高いのか、雪解けの音がまどろむ耳に心地よい。
しかし、今日で1月が終わるとはいえ、音の春にはまだ早い。

茶の間がストーブで暖まった頃合いを見計らい、コーヒーを淹れる。
ゆっくりとコーヒーを飲みながら、JR東日本から送られてきた「大人の休日倶楽部」の小冊子を読んでいると、玄関から人の声がした。
出てみると、少し腰の曲がった、そのせいで両足がガニ股になったお爺さんが立っていた。
用件を訊くと、りんごを買って欲しいと言う。
お爺さんは自分を指さして「このジジが作ったんだ」と笑った。
大きな館山のりんご、富士が袋に11個も入っている。
「大きいリンゴやなぁ!」と私がびっくりすると、お爺さんもびっくりして
「母ちゃん(私のこと)、国はどこだ?」と訊く。
「大阪です」
「大阪かぁ!ジジは東京さ見だことあっけんど、大阪はねえなぁ」
大阪の母ちゃんは初めて見たと言われ、いやいや、大阪にはもっと別嬪の母ちゃんがいると応えて大笑い。

「また、来っから」とお爺さんは軽く手をあげて帰って行った。
久し振りの日差しに、元気に鳴いているのはヒヨドリだろうか。
お爺さんのリンゴ、すこーしばかりヒヨドリにおすそ分けしてやろうかな。



スポンサーサイト

【2010/01/31 21:41】 | エッセイ トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。