上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、東北地方も梅雨明け宣言が出された。
朝からぐんぐん気温が上がって、夏らしいお天気にほっと安堵したり、暑い暑いと文句を言ったり。
今年の梅雨は、とにかく雨が多くて蒸し暑いったらなかった。
かいた汗がいつまでもひかず、身体がベタベタして気持ち悪い。
そういえば、母はベタベタと表現せず、「身体がにちゃにちゃする」と言っていたが、こっちの方がぴったりくる蒸し暑さだった。

人にとっては鬱陶しいばかりのお天気だったが、庭の胡瓜には願ってもない好条件だったようで、わずか2本の苗であるにも関わらず、毎日3~5本の胡瓜が採れる。
胡瓜は成長が早く、あっと言う間に瓜のような大きさになってしまうので、せっせと収穫することになる。
いきおい、サラダだお漬物だキューカンバーサンドだと利用するが、需要が供給に追い付かず、冷蔵庫の野菜室には胡瓜がごろごと転がっている。
なんと勿体ない、ご近所におすそ分けしたいと思うが、どこでも胡瓜はうんと採れているとみえ、スーパーでは1本10円で売っていたりするから、うかうかおすそ分けもできないのである。

そこで、はたと思いついたのは、去年kさんから教えてもらった胡瓜の佃煮。
水分の多い胡瓜を佃煮にするのだから、大量に消費でき、しかも日持ちがして美味しいという一石二鳥どころか三鳥なのだ。
お味はお好み次第だが、美味しく作る決め手は、胡瓜の水分を徹底的に切ることと、強火で煮ること。
出来上がりは、さながらキューリのキューちゃん。
大量に胡瓜が手に入ったら、一度お試しを。

kyu1
スポンサーサイト

【2010/07/18 19:11】 | 未分類 トラックバック(0) |

No title
sanatch
産直市場と見ればすぐに寄ってしまうクセがあります。先日は宮古で大量のきゅうりを購入。100円でたくさん入ってたのでうれしいかぎりですが、さすがに飽きてきたかも。というわけで佃煮もやってみようかな。

No title
senju
sanatchさん、こんばんは。
私も産直大好き、道の駅大好きです。
地元ならではの食材を知るのは、本当に楽しいものです。胡瓜の佃煮を作る時のポイントをもう一つ。
胡瓜はあまり薄く切らないこと。ぽりぱりとした食感が
欲しいからです。細く切った生姜を入れたり、鷹の爪を切って入れるのも美味しいです。ぜひお試しを。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
産直市場と見ればすぐに寄ってしまうクセがあります。先日は宮古で大量のきゅうりを購入。100円でたくさん入ってたのでうれしいかぎりですが、さすがに飽きてきたかも。というわけで佃煮もやってみようかな。
2010/07/31(Sat) 20:05 | URL  | sanatch #-[ 編集]
No title
sanatchさん、こんばんは。
私も産直大好き、道の駅大好きです。
地元ならではの食材を知るのは、本当に楽しいものです。胡瓜の佃煮を作る時のポイントをもう一つ。
胡瓜はあまり薄く切らないこと。ぽりぱりとした食感が
欲しいからです。細く切った生姜を入れたり、鷹の爪を切って入れるのも美味しいです。ぜひお試しを。
2010/07/31(Sat) 21:13 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。