上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月から次男が家に帰ってくることになった。
といっても、就職活動中だけの間で、就職が決まったら再び大学の寮に戻るという。
次男曰く、「就職活動中はアルバイトができない上に出費がかさむから、炊事・洗濯の心配をしなくていい
実家が寝起きするのに最適」なのだとか。
そんな事情を友人達に話すと、みな「よかったね~」と言ってくれる。
これは、「一人暮らしで寂しかっただろうから、心強いでしょ?」といった意味合いを含んでいると思われる。

ま、たしかに心強いといえば心強い。
実は、去年の11月末に左肩の激痛で、一晩中うなったことがある。
寝返りもうてなければ眠ることもできない痛みに、「このまま死んでしまうのとちがうやろか?」
今から思うと、肩が痛くて死んでしまうということがあるはずもないのだが、
あのときは、「このまま死んでしもたら、息子らが帰ってきたときはガイコツになってるかもしれん!」と
本気で思った。
そういったケースでは同居人はありがたいけれど、一人暮らしならではの楽しみというものだってある。
私の場合は朝風呂である。

朝風呂は休日の朝にかぎる。
浴槽にはお気に入りのバス・ソルトやバス・ジェル、温泉気分を味わえる入浴剤などなど、その日の気分で決めたのをいれる。
お風呂用のラジオとミネラルウォーターを準備して、時間をきにせず心行くまでゆっくりとお風呂を楽しむ、その気分のよさといったら!
小原庄助さんが身上をつぶした原因は、朝寝、朝酒、朝湯だったが、朝湯だけなら堪忍してもらえそうだし、
第一、私にはつぶすだけの身上がないのだ。

さて、4月からこの楽しみはどうなるのだろう。
次男がいたって朝風呂を楽しんでもよさそうなものだが、どうも不経済になりそうで困る。
息子の朝ごはんも作らないで、長風呂なんてできないし・・・・・・。
当分の間、お預けかな。




スポンサーサイト

【2012/03/26 21:37】 | エッセイ トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。