上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先々週の週末のことになるが、初めて道東を旅してきた。
仙台空港から千歳空港、そして女満別空港へ。乗り継いだ飛行機を降りると、そこは「やっときたぞ!北海道」であった。空気はややひんやり、とてもクリアーで気持ちがいい。
今宵の宿泊地、北見へ向かう車窓から望む風景は雄大で、どこか異国を感じさせる。

北見市は想像していたよりもずっと繁華な町だった。
今から70年以上前、北見はハッカ(ミント)の生産で世界シェア70%を誇ったという。植物のハッカからとれるハッカ油はわずか1%。ハッカに薄荷という字をあてるのはそのせいだとか。
にもかかわらず、世界シェアの70%という驚異的な数字は、北見の人たちの多大な努力と北海道の広大さのなせる技であったのだろう。下の写真はハッカ記念館。

薄荷記念館


ハッカの隆盛にしばし思いを馳せた後は、北見の美味しいものを食べに行く。
北見は鮮度のよいお肉が手に入ることから、焼き肉屋さんが多いという。
私はカルビやロースよりホルモンが好きだ。というわけで、出かけたのは香風園というお店。
庶民的なお店である。ホルモン屋さんはこうでなくっちゃ!
香風園3

焼酎を頼むと、なぜか角瓶に焼酎がはいってきた。
香風園2

お肉は七輪で焼く。お店の人が脱いだ上着に匂いがつかないよう、大きなビニール袋を用意してくれた。
北見は豪快なようでいて気配りのある、不思議な魅力ある町だ。
香風園1
うんとホルモンを堪能して、明日は網走から釧路へ向かいます。
スポンサーサイト

【2012/10/30 21:53】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。