上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「週末は曇りがちのお天気で、ところによってはにわか雨が降るでしょう」という嫌な予報を覆し、今日のお天気は上々。
そうこなくっちゃ!なにしろ今日は、東北の秋の風物詩「芋煮会」なのである。
職場の仲間と落ち合って、お鍋に薪、食材やビールを持って河原に行けば、すでにたくさんのグループが準備を始めていた。

芋煮会1



「うちらも、早く始めっぺ!」
まず、かまど作り。
河原に下りて、適当な石を拾い集めるのである。


芋煮会2



かまどで出来上がれば、火を熾し、どんどん薪をくべていく。
この時期、薪はコンビニやスーパーで一束300円程度で売られていて、店先に薪が山積みにされた光景は、他所から来た者を驚かせる。
かまどに大きなお鍋をどんと乗せ、次々に食材を投入。
食材は里芋、牛肉、こんにゃく、しめじなどのキノコ類、豆腐、白葱などだが、お隣りのグループはささがき牛蒡もお鍋に入れていたようだ。

芋煮会3

芋煮会5



芋煮は煮物ではなく汁物である。
お味は地域によってさまざまらしいが、こちらでは醤油味で、お砂糖やみりんで多少の甘味をつける。
「おだしはつかわないの?」
「そんなもの、いらね。肉や野菜からいいダシがでっからよ」
小皿にお汁を少しとって頂いてみると、なるほど、いいお味です。

芋煮が出来上がるまで、そこかしこで缶ビールを開ける音がする。
地酒だろうか、一升瓶をふるまっているグループもあり、にぎやかな笑い声が聞こえてくる。
待ちかねた子供たちは、芝の上でサッカーボールを追いかけていた。

里芋が煮上がれば、芋煮会は最高潮をむかえる。
あらためて「乾杯!」し、芋煮をすすれば、一同「いやぁ、うめぇ!」と舌鼓をうつ。
里芋のほっこりしていることといったら!
こんにゃくにいいお味がしみていることといったら!

河原のススキが秋の風に揺れ、見上げれば秋の高く青い空。
東北の秋はかくも美しく、美味しいのです。
スポンサーサイト

【2006/09/30 22:26】 | 未分類 トラックバック(0) |


ゆう
こんばんは。
素敵なイベントですね~。芋煮会って。
秋の食材がたっぷり入って、とても美味しそうです。
お味の方は・・・煮物味の汁物でしょうか。
東北は・・・美味しいお酒にお米っていうイメージがありますが、他にもたくさん美味しい食べ物があるんでしょうね。
一度は行ってみたい土地です。


senju
ようこそ!
おいでいただき、ありがとうございます。
芋煮の始まりは諸説あるようですが、忙しい農家の方々の楽しみであったことは間違いなさそうです。
東北には、本当に美味しいものがいっぱい!
これからも紹介していきたいと思っていますので、ぜひいらしてください。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
素敵なイベントですね~。芋煮会って。
秋の食材がたっぷり入って、とても美味しそうです。
お味の方は・・・煮物味の汁物でしょうか。
東北は・・・美味しいお酒にお米っていうイメージがありますが、他にもたくさん美味しい食べ物があるんでしょうね。
一度は行ってみたい土地です。
2006/10/01(Sun) 22:12 | URL  | ゆう #-[ 編集]
ようこそ!
おいでいただき、ありがとうございます。
芋煮の始まりは諸説あるようですが、忙しい農家の方々の楽しみであったことは間違いなさそうです。
東北には、本当に美味しいものがいっぱい!
これからも紹介していきたいと思っていますので、ぜひいらしてください。
2006/10/03(Tue) 21:10 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。