上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お昼に美味しい味噌ラーメンをご馳走になり、午後からは枝豆の収穫をお手伝いすることに。
枝豆はそろそろ終わりだけれど、少しくらいは収穫できるだろうということだった。
枝豆は20株ほどだろうか、二列に並んで秋の陽を受けていた。
「秘伝」という名のこの枝豆、ゆがいているうちから香ばしい香りがし、コクのあるお味で私の大好物である。
「もう終わりだから、好きなだけ採っていいよ」とKさんは笑うが、
好きなだけと言われれば、全部採って帰りそうになる自分がこわい。
「パンダ豆って知ってる?」
いいえ、知りませんと答えると、Kさんがこれだよと言って見せてくれた。




鞘の中に入っているお豆が、小豆色と緑色の二色になっている。
もっと堅くしまってくると、小豆色が黒くなってくるのだそうだ。
「パンダ豆」とはよく言ったものだ。
一つかじってみると、生だから青臭いのだが、その甘さにびっくりした。
しかし、もっとびっくりしたのはKさんである。
「あれ~!生で食ったんか!」

お借りした収穫用の籠を腰にぶら下げて、せっせと枝豆を籠に放り込んでいると、足元にクリが転がっている。
振り返ると、そこには立派なクリの木が立っており、よく見るとクリがいっぱい落ちている。




Kさんの畑は、秋の味覚の宝庫なのだ。
クリの「いが」で指を傷めないコツと虫食いのないクリの選別法を教えてもらい、クリご飯4合分のクリをしっかり頂いた。

「ラディッシュは好きか?」
ええ、もちろん大好き!
図々しい私は、すでに枝豆とクリで満載の籠をぶら下げたまま、Kさんの後をしっぽを振りながら付いて行く。




「サラダもいいけど、浅漬けにすっと(すると)いいべ」
なるほど、お弁当の彩りにも大活躍してくれそうだ。

こんなに貰いっぱなしでは、なにしに来たのか解らない。
それに「収穫」は農作業の中でも、一番楽しい作業だろうから、とてもお手伝いとは言えないのである。
「いいよいいよ」と言ってくれるKさんに「どうか使ってやってください」とお願いし、やっと、枯れ草がはびこっているハウスの後片付けをさせてもらうことになった。
「ここでは西瓜やメロン、とうもろこしを育てていたんだけどね。
 たぬきやハクビシンに全部食べられてしまった」とKさんはため息をつかれた。
「柿だって、このとおりなんだよ」




「動物愛護もいいけんど、一生懸命作った農家は報われねぇな」



夕方5時近くにもなれば、吹く風も肌寒くなってきた。
Kさんは、まだ畑でレタスを採っている。




「帰りは送っていってやっから」
軽4トラックの荷台には、私の自転車、本日収穫させてもらった野菜、その上、今しがたKさんが採ったばかりのレタスと白菜が乗っている。
帰り際、ご主人に
「ありがとうございました。こんなに野菜をいただいてしまって。
八百屋さんになれそうです」とお礼を言うと、あははと笑って
「また来てくださいよ」と言ってくださった。

とても楽しい一日だった。
いい汗もかいたし、心地よい疲れが充実感になる。
でも、Kさんのご一家は、賑やかな大阪のオバちゃん相手に、さぞやお疲れになったことだろう。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2006/10/15 21:29】 | 未分類 トラックバック(0) |


sanatch
子供の頃山の中に住んでいたので秋の栗拾いは楽しみの一つでした。
栗ごはんはごちそうだったなぁ。
なぜか今はスーパーで売っている栗を見ても食指が動きません。
自分で採りに行かないとダメかな。


senju
sanatchさん、こんばんは。
sanatchさんのブログを拝見して、いつも思うのですが、毎日ずいぶん遠くまで行かれること!お仕事なのでしょうが、本当におつかれさまです。
栗は採れたてだと、鬼皮も渋皮もするする向けるのですね。
Kさんに教えられるまで知りませんでした。
多忙なsanatchさん、栗は休養がてら採りに行かれてはいかがでしょう?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
子供の頃山の中に住んでいたので秋の栗拾いは楽しみの一つでした。
栗ごはんはごちそうだったなぁ。
なぜか今はスーパーで売っている栗を見ても食指が動きません。
自分で採りに行かないとダメかな。
2006/10/16(Mon) 22:37 | URL  | sanatch #-[ 編集]
sanatchさん、こんばんは。
sanatchさんのブログを拝見して、いつも思うのですが、毎日ずいぶん遠くまで行かれること!お仕事なのでしょうが、本当におつかれさまです。
栗は採れたてだと、鬼皮も渋皮もするする向けるのですね。
Kさんに教えられるまで知りませんでした。
多忙なsanatchさん、栗は休養がてら採りに行かれてはいかがでしょう?
2006/10/17(Tue) 00:07 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。