上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お待ちかねの土湯温泉に着いたのは、午後3時半を過ぎた頃だった。
旅館の一番人気は、貸切の露天風呂である。
東北の夕暮れは早いので、日が暮れないうちに入らないと、露天からの景色が楽しめなくなってしまう。
お部屋に案内されて開口一番、「すぐにお風呂に入れますか?」
しかし、お風呂は露天風呂だけでなく、家族風呂、大浴場すべて貸切の予約制になっていて、すでに先に到着したお客さんが入っているらしい。
「あらま、どうする?」
「晩御飯を頂く前に入りたいわ」
「どのお風呂から入る?」
荷物をとく前からこの騒ぎ。
「まずはお茶でもお飲みになって、ゆっくりなさってはいかがですか」と
旅館の人に諭されて、やっと落ち着いたのだった。
なんのことはない、荷物をといて、お部屋からの眺めを口々に褒めあっている間に、「露天風呂にお入りになれます」とフロントから連絡があった。

揃いの浴衣と丹前を着て、九十九折の階段を下りていく。
袂にはこっそりと、会津若松で買った300mlの日本酒をしのばせて。
「わ!素敵ぃ」
立ち込める湯気の向こうは秋色に色づき始めた木々が、静かに揺れている。
そしてその足元には、清流が清潔な音をたてて流れているのだった。
一同、あられもない姿でお風呂に駆け寄り、ちょっと躊躇ってから、冷えた体をそろそろとお湯に静めた。
「ああ、いいお湯ねぇ」
「ほんと、ほんと。至福とはこのことやね」
「空気はいいし、お湯もいいし、最高!」
ひとしきり感想を述べ合うと、みな口を閉ざしてお湯の注ぎ入る音と川の流れを聴いている。
暮れなずむ秋の山間に抱かれては、煩わしいことはしばし脳裏から消して、このまま揺れていたい。
指と爪の間から、ゆるゆると日々の疲れが流れ出ていくようだった。

みな否応無しに年を重ねてきた。
不本意なこともしんどいこともあったと、口にだしては言わないけれど、
よう頑張ってきたなぁ、今夜は思いっきり飲みましょう!

美味しかったお料理は明日に持ち越します。





スポンサーサイト

【2006/10/23 23:06】 | 未分類 トラックバック(0) |


sanatch
先週、ちょうど土湯温泉の前を通りました。
2年前に行った時、ついでに寄ったサファリパーク。
「動物が寄って来るのでこちらで用意したレンタカーをお進めします」と言われたものの、千円だか二千円だかかかるというので自分の車で突入。いまもドアにはシマウマに蹴られてへこんだ跡があります(笑)

ところで私もリンクを貼ってよろしいですか?ご検討下さい。


senju
sanatchさん、こんばんは。
sanatchさんとは、ところどころですれ違っているみたいですね(笑)
最近、うちの近くで熊が車に体当たりしてきたという事件(事故かな)があり、それって保険は利くのかなって思っていたのですが、sanatchさんの車にシマウマの痕跡があるところを考えると、保険は利かないのかもしれませんね。
リンクの件、とても嬉しいです。検討なんてする間もなく、もちろん喜んで!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
先週、ちょうど土湯温泉の前を通りました。
2年前に行った時、ついでに寄ったサファリパーク。
「動物が寄って来るのでこちらで用意したレンタカーをお進めします」と言われたものの、千円だか二千円だかかかるというので自分の車で突入。いまもドアにはシマウマに蹴られてへこんだ跡があります(笑)

ところで私もリンクを貼ってよろしいですか?ご検討下さい。
2006/10/24(Tue) 21:56 | URL  | sanatch #-[ 編集]
sanatchさん、こんばんは。
sanatchさんとは、ところどころですれ違っているみたいですね(笑)
最近、うちの近くで熊が車に体当たりしてきたという事件(事故かな)があり、それって保険は利くのかなって思っていたのですが、sanatchさんの車にシマウマの痕跡があるところを考えると、保険は利かないのかもしれませんね。
リンクの件、とても嬉しいです。検討なんてする間もなく、もちろん喜んで!
2006/10/24(Tue) 23:26 | URL  | senju #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。